さぶいぃ~ぃぃです。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。
2017年12月12日 (火)
 毎日長時間使用しているデスクトップパソコンがいかにも非力になってきたので、更新を決断した。(^^ゞ 選んだのは NEC Mate MK34L/B-H である。毎日長時間使っているのだから良いものを買えばよいのだが、つい中古の出物に目がいってしまう。(^o^)わははは…すでにパソコンは成熟製品で素人が最新型を買うメリットは無いのだ。しかし、今後の長期使用に備えて、CPUはCore i3 4130を選択した。CPUの処理速度よりグラフィックス機能優先でのチップセット選定のつもりである。このNEC MB-Hという機種は2013年秋からの出荷で、Windows8が当初に搭載されていた。だから私にとっては新品同様の感覚である。(^^ゞ ヤフオクで一万円以下で出ていたので、これを無競争で落札した。

      新しく手に入れた中古パソコン

 NECは2011年にパソコン事業をLenovoとの合弁会社に移管しており、このMB-Hは外観こそNECカラーだが、塗装とフロントパネル以外はLenovoのThinkCentre というパソコンで、完全に中国製品である。このパソコンの合理的なシャーシ構造が気に入って購入を決めた。Lenovoは2004年にIBMのパソコン部門を買収し、その後NEC・富士通のパソコン部門も手に入れて、今や世界で最もパソコンを出荷する世界企業になった。中国製でもこれを信頼しないわけにはいかない。(^o^)わははは…
 しかし、これからこの中に自分のパソコン環境を一から作らなくてはいけないので、これは大仕事である。

2017年12月02日 (土)
 齢をとったせいか世の中の進歩が早すぎて困る。まだ使えるものがどんどん時代遅れになる。若い時のコンピューターの出だしの頃に、其の能力に驚嘆して勉強し、趣味人としてはいっぱしの技術を身に着けたが、世の中にコンピューターが導入されはじめると、あっという間に役に立たなくなった。コンピューターを自分のために使う能力ではなくて、コンピュータに入力装置として使われる能力が、職業人の資格になってしまったからである。(^o^)わははは…
 機械の進歩も著しいが、自分用の使い道なら二十年前の装置でもまだ十分である。しかし世の中はネットの時代であって、ネットの上では最新の機械を使うのが当然というコンテンツ開発が進んでいる。古い機械の面倒なんか観てられないという世界である。私のWindows10マシンも能力が低いので、ネットのサイトによっては画面が動かなくなってしまう。

 例えば、便利なGoogleMapも以前はサクサク動いていたのが、今年は重くて使いものにならない。(^o^)わははは… いろいろ便利な機能がつぎつき増強されて、単なる地図ソフトでは無くなりつつあるのだ。(^^ゞ 私の機械では追加された機能はもちろん、単なる地図としても使えなくなってしまった。スマホでも使えるのにパソコンでは重くて使いものにならないというのは、どうにも悲しいものである。(^^ゞ

 それで、Google もこういう時代遅れの機械のためのライトモードというのを用意してくれている。機能を省いて地図として使いやすくしたのだ。ライトモードは画面下部の稲妻というかエレキテルのようなアイコンから入ることができる。ライトモードならギリギリでWindows10を動かしている機械でもなんとか使える。下の写真がライトモードのアイコンと使用中を示す表示である。

  Google Mapのライトニングモード

 普通のGoogleMapの最下端の表示は下のとおりである。「黄色い人形」の左の稲妻マークがライトモードの入り口て、これをクリックする。

  通常のGoogleMapd使用時の画面

 デジタルデバイスを生まないためにも、機能充実のとは違う方向で、救済措置をとっていただかないと時代について行けない層は本当に困るのである。(^o^)わははは…

2017年11月14日 (火)
Try WiMAX クレードルに乗せて使用中

 Try WiMAXをトライ中である。無線インターネット回線を無料で二週間使い放題という太っ腹なサービスだ。
 じつは自宅のADSLがそろそろ四年目で更新時期が来る。五年の格安期間も終了が近いので、次のブロードバンドを考え始めた。
 WiMAXはチョット特殊な回線で、家庭用のwifiを戸外の回線に応用したものである。月間の使用量に制限がないので、無線でありながら家庭用の固定回線の代わりになりうるかと考えた。
 実は、Try WiMAXは2009年に借りてみたことはある。当時はまだ始まったばかりで、我が家では電波状態が悪く、ADSLにはかなわなかった。しかし今回は圧勝である。我が家のADSLは最大12Mbpsの格安回線で、普段は8Mbps程度だが、WiMAXは格段に進歩していて25~87Mbps出る。これで持ち歩きも可能だし、固定電話回線代も含めたADSLとは価格的にも近い。二年契約のキャッシュバックを含めればむしろ安くなる。(^o^)わははは…
 将来的には、光回線かと思うのだが、当面はWiMAXで十分である。

 写真はクレードルの上に載せて、充電をしながら使う WiMAX受信機。本体がwifiのアクセスポイントであると同時に、クレードルを通じて有線LANでパソコンやルーターに回線を提供できるので、家庭内でも汎用性が高い。

2017年11月13日 (月)
 先日からパソコン使用がえらく手間どるようになった。
 気がついたらパソコンの休止状態が使えなくなっていて、その都度新規立ち上げになっていた。新規立ち上げには、私の古いパソコンだと元の使用中の状態にするまで5分ぐらいかかる。(^o^)わははは…
 休止状態が私のパソコン使用の通常モードであって、電源を落とすことは殆ど無かったのだ。

 原因を探るのが大変で、えらく時間がかかったのだが、結局新規にUSBポートに取り付けた無線LANの小さな子機が原因だった。これが取り付いていると、無線LANが稼働中だとして、休止状態移行がサスペンド、時間切れシャットダウンになるのである。
 スリープなら通電のままになるので、この子機の存在は問題ない。
 ともかく元の有線LAN接続に戻して一応解決。(^^)v

 2005年にXPマシンとして組んだ我がパソコンは既に12歳。バラックのように増築と改修を繰り返してきたので、何か起こると原因の切り分けが大変である。パーツ代で良い中古が買えるのだから早く更新せねばなるまい。(^o^)わははは…

2017年10月19日 (木)
 新しいスマホはZTE_V580を購入した。画面サイズ5.5インチでiPhone◎plusサイズの大型スマホである。4インチのiPhone5と比べると画面面積で二倍程度になる。

V580とiPhone5

 しかし、並べてみると、マネと言われても仕方がない。(^o^)わははは…
 この機種、昨年の3月の出荷であるが、今年の夏の各社の新機種はスペック的に大きく前進したので、少々見劣りする品になってしまった。ZTEは中国の世界的ブランドであるが、日本では認知度が低く人気がない。というわけで、税込み9280円(新品!)で購入できた。発売当初の1/3以下である。(^^ゞ 
 それでは性能が大きく劣るかといえば、そんなことはない。結構そつなくまとまっていると思う。指紋認証もできるし、アルミボティの手触りもまあ良い。最新型の有名ブランドでないと嫌という人でなければ、しばらくは平気で使えると思うのだ。

 ところで、本来スマホはiPhone5より画面が小型のiPhone4(3.5inch)あたりが、電話機やちょっとしたアプリを使うのに、最適なサイズだと思う。手のひらで持って、親指一本でスイスイ使えるのだ。液晶画面は操作するためのデバイスで、チラリと見るものだった。ところがネットの進化でスマホは情報を文章で読んだり、映像で買い物をしたりする表示中心の機器になってしまった。みんなが電車の中で画面を食い入る様に見る不健康な時代になってしまったのである。さて、こうなると画面が大きい方が楽である。私も意に反して大型スマホも持つことにした。しかし、普段使いの携帯電話としてはコンパクトな機種のほうが絶対的に気持ちがいいことは断言しておく。(^^ゞ

2017年10月10日 (火)
 いま私が契約しているスマホの回線はmineoなのだが、そのmineoで大盤振る舞いキャンペーンというのが始まっている。
11月9日までなのだが、新規に音声通話付き回線を申し込むと、一年間900円を割り引いてくれる。私は自分からは電話を掛けないので、現在の回線だと基本料金の1310円で、それに100円程度消費税等の経費が付いて毎月1400円チョットなのだが、ここから900円を一年間引くというのだ。
 この回線を契約したときも、半年800円を間引いてくれるというので、ラッキーと思って契約したのだが、それを大幅に上回る。ほんとに大盤振る舞いだわ。(^o^)わははは…

    ↓クリックするとmineoのホームページに飛びます。
mineo大盤振る舞いキャンペーン

 それで、500円程度なら音声なしのデーター回線より安いので、もう一本スマホの回線を増やしちゃおうかと思っている。いまの回線はauの電波をつかうaプランなので、docomoを使うdプランも持っているとスマホの機種も自由に選べるので便利だ。それに、いざとなったら今使っている回線を解約しちゃえばいい訳だし。データーだけのプランに変更して節約もできる。(^^ゞ 
 私はmineoから新規契約の手続き(3000円程度)が無料になるエントリーコードも一つもらっているから、500円程度のSIM発行料だけで始められるというのも好条件だ。
 というわけで、今月末には新しい電話を手に入れる予定で準備を始めている。

 こんなわけだから、大して電話を使わないのにスマホに高いお金をかけている人は、このキャンペーン中にmineoに乗り換えた方がいい。
 データー専用回線で500円以上払っている人も、このさい音声つきのスマホ回線で、テザリングを利用したほうがいいと思うぞ。一年経ったらデーター専用回線に戻せば良い。
 なお、エントリーコードのない人は、Amazonで「mineo エントリーパッケージ」を500円程度で買えるので、それを使えば良い。
 それに、「mineo紹介キャンペーン」というのもやっていて下のバナーをclickして、そのページから新規契約を申し込むと、私の紹介ということになって、紹介者の私と新規加入者のあなたと、両方に2000円分のAmazonのギフト券が贈られるそうである。これで、かかった初期費用も回収できて、お釣りが来る。これまた気前が良いではないか。(^o^)わははは…

mineo紹介キャンペーン

 なんだか、今回の投稿はすっかりmineoの回し者になってしまったが、それだけお徳用だと感じているので、ついテンションが上ってしまったのだ。失礼をばいたしました。m(_"_)m

 

2017年10月02日 (月)
 四年間使ったiPhone5だが、気がついたら、液晶パネルが浮き上がってボディとの間に隙間が。ヽ(@_@)/わっ!
7mmほどの厚みが片側だけ8mm超え、触るとメタボだ。
 原因はリチウム電池が膨らんでいると見た。
 それで、交換電池を用意して開腹手術。
 う~む緊張する。
 案の定、板ガム状のはずの電池が、おカキの袋のようにガスで膨らんでいる。(^o^)わははは…
 再組立して、無事スリムに戻りました。(^^)v
 困難だったことは自分の老眼ですね。メガネを掛けても微小ネジの頭がどっち側かわからん。(^^ゞ
 iPhone5 開腹手術中

 今回の修理パーツは工具付きで二千円。
 iPhoneの新品は高いと思っていたが、数が出ているので部品も手に入れやすいし、組み立て分解の資料も多い。自分で修理できるのであれば、iPhoneは安いかも。

2017年09月30日 (土)
 四年前に購入したiPhone5をケースから出してみたら、液晶パネルが浮き上がっていて、パネル周囲のベセルがボディとの間で引っ張られて隙間ができていた。(ToT) 多分リチウム電池が膨らんでしまって、液晶画面を内部から押し上げているのだろう。

画面が浮き上がって隙間の空いたiPhone5

 ネットで部品を買って数千円で自己修理も可能なのだが、これより新しいiPhone5s・5cの中古品も一万円程度で手に入るし、Androidなら新品も安い。うーむ…どうしたもんじゃろ~のう。(^o^)わははは…


2017年09月23日 (土)
 さて、忘却力には元々自信が有って、最近は特に磨きがかかっている。(^0^)b 本を読んでも、内容どころか、読んだことを忘れている。当然読んだ知識の活用もままならず、時間の浪費になってしまう。そこで必要になるのがブックログである。読書記録だ。これを見返せば同じ本をまた買うこともない。(^o^)わははは…
 データーベースソフトのevernoteに2012年7月30日から手元の本の基本データーをアップして、全部読んだわけではないが既に350冊近くが登録されている。むかしならこんな面倒くさいことはできなかったのだが、今はスマホのカメラで本のカバーのISBNコード(国際標準書籍登録番号)を読み取らせるだけである。
 最初に使ったのは、iphoneのBOOKEVERというアプリであった。
 これの開発・保守が止まったので、不満ながらぞーしょというアプリに乗り換えた。
 最近やっとAndroid用でもSpringBookshrlfという良いアプリがあるのを見つけたので、早速乗り換えて使い始めている。
ISBNコード読み取りアプリ
 このアプリが良いのは、evernoteへ本のデーターを送るという機能だけに徹して、余分な画面表示は行わず、キビキビ動くというところだ。あまりにシンプルでキビキビしているので、慣れない人はびっくりして使いにくいと思うかもしれない。しかし大量の蔵書を一気に登録したい人にはこの高速性は有り難いだろう。それに同じ本を登録しょうとすると、ちゃんと警告が出るので、単純作業時には特に有り難い。

 スマホのevernoteを立ち上げると写真のような読書カードができている。

図書カード表示

 簡単な内容も記入されているが、自分で読書感想文を入れたり、いらない情報を削除できる。こうしておけば、暇な時に見返して、記憶を再生して再注入できるし、読んだことを忘れる恐怖感もない。堂々と忘れて良いのである。(^o^)わははは…

2017年09月13日 (水)
 このところ変だと思っていた。机上のパソコンの画面設定が勝手に変わっているのだ。画面下においたツールバーが右側面になっていたり、デスクトップの写真が違うものになっている。でも、なんだか見覚えはある。しかし違和感がある。おかしい。(^^ゞ
 で、原因が今日判った。新しいノートパソコンの画面を設定していたら、机の上のパソコンの画面もそれに応じて変わっているのだ。(^o^)わははは…
 つまり、同じMicrosoftのアカウントで2台にログインしているので、頼みもしないのに画面設定が連動して変わってしまうらしい。調べるとそれぞれのパソコンの「設定」の「アカウント」に「設定の同期」というページが有って、「同期の設定」がONになっていた。すると一台のパソコンで設定したことが、同じアカウントの別の機器に適用されてしまうのだ。「同期の設定」の下には、細々とした個別の設定が有ったが、とにかく気持ちが悪いので、「同期の設定」は当面OFFに決めた。初期設定はONらしいが、これはちょっとお節介だぜ。(^o^)わははは…
パソコン設定が勝手に変わる同期設定(^^ゞ
 で、考えてみたのだが、職場と自宅で同じような仕様のパソコンを使って、仕事の続きをしているような人は便利なのであろう。使い勝手が一元化される。しかし私のように自宅に何台かのサイズも機能も使い方も違うパソコンを持っている人は、一台をいじるとみんなが変わってしまうのは迷惑以外の何物でもないということだ。(^o^)わははは…