早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
来年の手帳を考える
2016年11月26日 (土) | 編集 |
evernoteの日記帳 先月も書いたように、クラウド上のEvernoteで日記をつけ始めている。パソコンで見ると右のような様子になる。
 写真も入るし、内容はあれこれしたことを書くだけだから、小学校の絵日記のようなものである。振り返ると、食い物の写真ばかりである。ちと恥ずかしい。(^o^)わははは…
 で、試行の結果、問題もないので、そろそろ来年を待たずに、1日1頁手帳から、本格的に「クラウド手帳」に移行するつもりだ。
 こうなった要因の一つはスマホの音声入力が実用になったことである。気軽にエバーノートに口述でメモが取れ、Evernoteの日付の同じページに、何時でもタイムスタンプ付きで追記できることが、記録する手帳としての機能を満足させたのである。(^^ゞ

 しかし、紙の手帳を捨てたわけではない。来年の手帳として、手帳を二冊購入し、既にスタンバイしている。
 共に長財布サイズの手帳である。長財布サイズとは横幅か9cm程度で、高さが17cm程度の手帳サイズをさして言う。長財布のサイズなので、表紙裏のポケットに一万円札がそのまま入る大きさだ。なぜこのサイズかというと、これが洋服のどのポケットにも無理なく入る最大サイズということなのである。ただし長時間は難しい。抜け落ちたり変形することが考えられる。
 洋服のポケットに収納するサイズとしては、ポケット手帳サイズの 9×14cmが絶対的に優れているのだが、バッグに収納するときには、小さすぎてバッグの底に沈んでしまう。縦に入れて、手帳の頭を掴めるにはこの長財布サイズが良い。(^o^)わははは…

 このうち一冊は高橋のニューダイアリー5である。これはいわゆる週間レフト式で、日々の行動記録を要約してメモろうと思う。横罫式の月間のカレンダーは予定や計画用に使う。もう一冊は博文館のサジェス24だ。こちらは週間バーチカル式だが、記入面は時間軸としてではなく、統計用紙として使うつもりだ。体重・体脂肪率・万歩計歩数・自転車移動距離等の日々の数値を記録する日付付き罫紙として利用するのである。こういう目的にはサジェス24が使いやすい。こちらにはカレンダー式の月間予定表が付いていて、この二冊を持つことで、月間予定表2種と週間予定表2種の計4種類を持ち歩くことができる。ちとマニアックだな。(^o^)わははは…

 このほかに、発想推敲やとっさのメモにポケット手帳サイズのダイスキンは外せない。来年は多分このシフトで、日々の記録を取るだろう。(^o^)丿
日記帳を雲の上に置く
2016年10月26日 (水) | 編集 |
 今年もあと三か月になって、手元の手帳も大分残りページが少なくなってきた。次の手帳が気になっているのだが、あれこれ考えた末、雲(クラウド)の上に置こうかと思っている。残念だがライフログをつけている一日一頁手帳はやはり持ち歩きはできない。日常の荷物は少ない方が良いのだ。

 それで先日から、エバーノート(evernote)に一日のライフログをつけてみているが、これが結構うまく行っている。内容の整理や見直しはパソコンの純正アプリで行なうのだが、細かいエピソードの登録は「スタックワン」という優秀なiPhoneの別アプリを使っている。
 このアプリは多機能だが、私の使い方(設定)はiPhoneからエバーノートに投稿して、これらを一件のノートに次々に追記してくれる機能である。スマホだと口述筆記ができ、現場で容易にデーターを作ることが可能だ。おまけに時刻・場所・マップリンクまで自動で添付できる。さらに写真や動画を挿入できるし1ページの物理的制限もない。夜になって、それらをパソコン上で編集すればよい。これはなかなか便利であって、余分な荷物も要らず、保管場所も取らない。そして何年分でも日記をスマホで持ち歩け即時に呼び出すことが可能だ。(^o^)わははは…

 来年は紙の手帳を止めて、本気でデジタルに移行する気になってきた。もちろんスマホを使うのははばかられるシーンもあるので、日常のメモ的なポケット手帳は続けるつもりだ。それに何かを考えてまとめるには、やはり紙に書いて何度も眺めることが大切なのである。
一日一頁手帳
 さて、今年本屋さんで見かけた多分初登場の1日1頁手帳はこれだ。A6サイズで非常に心を動かされた。ディズニーの版権を扱う商社の企画らしいが、製造は手帳専門メーカーのダイゴーで、一見キャラクター物に見えるが、薄手の紙にシンプルな方眼レイアウトと、中身は非常にまともだった。しかし、文具店でおいてあるところはなく、一部の本屋さんしか仕入れてないようだ。ネット上にも情報皆無である。変形B6のEditサイズもある。
ダイスキン手帳 2017
2016年10月08日 (土) | 編集 |
 今年も「ダイスキン手帳 2017」は買ってある。9月に入って、ダイソーにモレスキン似のダイスキン手帳が出ていのだが、少しためらっていた。というのは黒一色だけで、去年のようなカラフルな展開が無かったからだ。
 おまけにしおり紐もなくなっていたし、中身ではマンスリーの前年10・11・12の三か月が無くなり、巻末のノート頁は20から10頁に減っていた。デザイン上はマンスリーの祝日升が赤の網掛けとなり、フォントは変更されて、全体的にシンプルで若々しくなった。その分クラシックで凝ったニュアンスは無くなった。ページも減ったので、厚みは少し薄くなった。紙の色はやや白っぽいような気がする。
 そして、これは個体差かもしれないが、作りがやや雑な所がある。表紙の角丸の仕上げや背表紙と中身の位置合わせなど、ちょっいい加減な所が見られる。(T_T)
 昨年が真面目で良い方向に進化していたので、今年も期待していたのだが、ちょっと担当の意識が下がったかな。(^o^)わははは…
 でもね。百円だから悩まないで買っておく。(^^ゞ
 ダイソーの手帳の売れ筋は、やはり薄くてかわいい女の子向けのマンスリーになっているようだから、力は入ってないのかな。でも、これはダイソーの実力を示す個性的な手帳だから、200円になってもいいから、手帳専門の出版社を真っ青にさせる製品として育てて欲しいのだ。
スマホのロケーション履歴
2015年06月18日 (木) | 編集 |
 毎日あちこち出歩いている人が、自分の足跡を知りたいと思ったら、現在は極めて簡単な時代なのである。ほとんどの人がスマホを常時持ち歩いているが、これがすべてを知っている。ここに電話がかかって来るのは、電話会社のコンピューターが常に携帯電話の所在地を確認していて、瞬時にあなたの電話を呼び出してくれるからだ。スマホの方にもGPSが搭載されていて、自分の位置を確認して内蔵のアプリに渡している。だからスマホは現在地の天気予報や最寄り駅の電車の時刻の案内ができるのだ。ところで、この地理的・時間的な履歴は、実は簡単に見ることが出来る。手持ちのスマホの設定一つで、履歴が「ある場所」に残るのだ。あなたもこの履歴は見ることが出来る。
 これらのデータは本来次々書き換えられていくのだが、それが残っていると、便利だと思うか、恐ろしいと思うかは、誰がその履歴を知って管理しているかによって違うのだろう。怖いのはデーターではなくて、それを握った人なのだ。(^o^)わははは…

 一番見やすいのはgoogleの持っているデータである。Googleはアカウント(ID=利用権)を持っている本人に「ロケーション履歴」として公開している。大抵の人のスマホには地図アプリのグーグルマップが入っているだろう。androidのスマホなら、このグーグルマップを立ち上げて、三本線の [メニュー] から [設定] を選び、さらに [Googleの位置情報設定] を選ぶ。そうすると [Googleロケーション履歴] があるので、これをタップして[ON] にする。
 これだけで、Googleはあなたの位置情報をサーバーに蓄積し始めるのだ。
 見るときはパソコンのブラウザで、[ https://maps.google.com/locationhistory ] を表示させればいい。[ON] して以降の行動がグーグルマップの上に時系列で表示される。多分あなたは仰天するに違いない。(^o^)わははは…
 しかしこれは、知らないうちに取られているデータを自分で見れるように設定しただけなのである。

ロケーション履歴の画面

 まあ、日記を書いたり、ライフログを取るには便利なのだが、慌てる人もいるかもしれない。大丈夫、そこにはデーターの消し方も書いてある。しかし、こういうデータが存在していることは、心にとめておいた方が良いだろう。

 なお、iPhoneの人は、グーグルマップのアプリではなくて、グーグルプラスのアプリにこのロケーション履歴の設定がある。しかしiPhoneにはもっと便利でオシャレな位置情報記録アプリが沢山あるので、既にそれらを便利に使っている人は多いだろう。
 
新しい腕時計(^^ゞ
2015年05月07日 (木) | 編集 |
 久しぶりに腕時計を買った。第二次世界大戦のドイツ空軍風である。本屋に行ったら時計蒐集シリーズ本の第一巻で、990円税込だったし、手元には使い道のない商品券があった。(^^ゞ この半年ほど使っていた腕時計が電池切れで止まってしまって、携帯の時計で過ごしていたのだ。
 腕時計も、以前は大好きなアイテムであったが、他の何よりも早くコモディティ化が進んで、所有する喜びが無くなってしまった。時間を見るなら何でもよくなったのだ。

 さて、今回の腕時計は、第二次世界大戦当時のドイツ航空兵用の偽物である。形がやや大振りだが、これは本物が、「身に着ける航空機の計器」だったからである。出撃前に手渡され、帰還すれば部隊に返却する。そしてメカニズムは信頼できる懐中時計の機構だったのだ。

久しぶりの腕時計 ドイツ空軍風デザイン

 腕時計の本格的な歴史は、20世紀に始まり、そして終わる。近代戦争では、作戦が時間軸を基に立案・決定され、広く散開した各部隊が、時間で連携して行動する。作戦の効果的な追行のためには時計が重要な兵器になったのだ。そこで、行動中でも時刻を確認できる腕時計が第一次世界大戦で活躍し、男の時計の習慣を変える。紳士の懐中時計から、働く腕時計への変更と、時間は正確に守るべきだというビジネス思想の普及だ。

 しかし、20世紀末には、時計はボールペンや電気釜にも装備された。世の中に時計機能が溢れるとともに、腕時計はその役割を失ったのである。(ToT)
i ライフログ@iphoneアプリ
2013年05月20日 (月) | 編集 |
 一日何をしていたか判らなくなるので、ライフログを採るようにしているのだが、そのための最適なiphoneアプリがあった。「iライフログ」と言うのだが、使いやすいので驚いた。(私はipod touchでつかつている。)
 まず、下の画面のように普段やりそうなことのメニューを作っておく。


iライフログ メニュー画面


 このメニューのアイコンをタップすると、記録開始画面になって、すでに開始時間がセットされている。「ログを開始」をタップするとメニュー画面に実行中のタスクとして現れる。
 終了時には、このタスクをタップして、終了時刻をタップすれば、現在時刻が入るので、データーを保存する。
 すると、下の画面のように履歴が残るのだ。途中でタスクをタップして写真を撮ったりメモを記入して一緒に保存することもできるし、その際の場所の地図や時間も残る。表題のタスク名も必要に応じて変更できるし、後から修正加えるのも容易にできる。


iライフログ 記録画面


 そして、その結果が自動的にクラウド上のデーターベースソフト・エバーノートに送られて、1日分のログとしてノートにまとめられている。また、グーグル・カレンダーにも送られて、その日の実績としてカレンダーに表示されるのだ。(^o^)わははは・・・
 ビックリ仰天である。
 これなら、まったく面倒くさくないので、記録を取るのを忘れなければ、実行は容易だ。
 また、後からの修正・追加も容易なので、たとえ忘れても気が付いたときに直ぐに記録しておけばよい。
これは、見事な無料ソフトである。
フォトリーディング
2013年03月25日 (月) | 編集 |
本の表紙 またまた、古本屋で100円本を買ってきた。10年ほど前に発行されて、ライフハック本などではちょくちょく取り上げられるフォトリーディングの元本である。
 ちょっと気になるが、孫引き本のなかでは、まともに説明されていないので、たまたま見つけた元本を手に入れた。(^o^)わははは・・・
 フォトリーディングというのは、本を読むのではなく、写真を撮るように高速でチラ見することで、本の内容を理解してしまおうという方法で、いささか眉唾と言うことで、賛否の分かれる技法である。

 読んでみて判ったのは、この本は速読の技術ではなく、情報化社会における情報消化技術を教える本であることだ。
 本というと、我々は最初のページから最後のページまで、通しで読んで内容を理解することだと思っている。しかし、現在のように知るべきことが大量にある時代では、それは無理なことになりつつある。以前取り上げた司馬遼太郎の読書術のように、大量の資料を自分の物にするにはどうすべきか、そういう必要のある人たちはどうしているのか、そういう技術を方法論としてまとめ、指南をしてくれる本である。

 我々は、脳の中に論理ではなく、視覚として情報を記憶・処理する回路を持っていて、これを活用すれば、大量の情報処理ができると言うことらしい。そして視覚情報の蓄積は、あるとき新しい論理回路を創造して、脳が情報を整理する。新しい着想もそういうときに生まれる。
 本の内容とは多分違っているが、私なりの理解はそういうことである。

 本を読む目的はなんだろうか、本の著者の考えを理解することは、途中経過でしかない。読書を通じて、新しい知識を得、自分なりの考えを創造することだ。だから読書という途中経過は、その目的のために、創造的に「トヨタ式に改善」してもかまわないのだということを、私に気が付かせてくれた。
 そういう点で、私には価値のある本となった。(^o^)わははは・・・


 これは蛇足だが、もう一度、比喩的に繰り返して説明すると、本を買うときに我々は本屋の棚を全部見たりはしない。
 必要な本のある書棚にいって、ざっと背表紙を一覧して、直感で数冊の本を選び出す。
 そのためには、自分の欲しい情報を理解していなければならないし、本屋の全体像も把握しておく必要がある。そういう準備が有れば、苦もなく目的の本を選び出せるのだ。

 本を読むのは、これと同じことで、読む前に目的をはっきりさせ、準備として本の構造をザッと理解すれば、フォトリーディング(読むのではなく見る)で、必要なセンテンスをササッと取り出すことができる。
 そして目的は本を読むことではなく、その中から自分に必要な知識を得ることであり、のちのち思い出せることである。

 けして全部を読んで、きれいに忘れてしまう事ではないのだ。(^o^)わははは・・・

「あなたもいままでの10倍速く本が読める」
ポール・R・シーリィによって書かれた『The Photoreading Whole Mind System』の邦訳
単行本(ソフトカバー): 264ページ
出版社: フォレスト出版 (2001/9/19)
ISBN-13: 978-4894511194
発売日: 2001/9/19
商品の寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
販売時定価 本体:1300円  購入時価格 税込み105円(^^ゞ
携帯用のメモ帳の新方式
2012年06月14日 (木) | 編集 |
 夏に向かって、困るのが各種携行品の収納場所だ。軽装になるとポケットが無くなる。ポケット自体も小さくなり、汗もかくので携行品はなるべく肉体からは離しておきたい。
 しかし、最近はとにかく持ち歩く物が増えた。小型軽量になっても数が増えているのだ。
 そこで、江戸時代のオシャレである根付けに学んで、ストップウォッチとメモ帳をベルト吊りにしてみた。
根付け式携帯メモ まず、ロディアの上部に穴を開けて、携帯ストラップを通し、大福帳式にする。
 次に、ストラップの根本に更にストップウオッチを紐で吊す。で、このストップウオッチをベルトの下から上に通し、前に下げるのだ。こうすると、メモと時計が両吊りの振り分け荷物になる。
 これなら、いつでもどこでもメモ帳とストップウォッチが附いてくる。ライフログの習慣もつきやすい。ポケットも軽くなって、暑苦しくない。
 外観は変なおじさんだが。悪くないぞ。(^o^)わははは・・・
長財布の( ..)φメモメモ
2012年04月15日 (日) | 編集 |
 日頃の物忘れを反省すると、必要なときにメモを取ることがなにより大切だ。メモをしておかないと、考えたこと自体を忘れてしまう。
 まあ、仕事の上では、適度に忘れてしまった方が身の為である。(^^ゞ どうせ、忘れても仕事の方からやってくるのだ。全てを憶えていると人間はもたないらしい。(だから、メモをして忘れた方が良いと物の本には書いてある。)
 しかし、自分のやりたいこととなると、忘れてしまうとそのままである。気が付いたときには美術展は会期終了しているし、人生も先が見えてくる。(^^ゞ

A5のレポート用紙を三つ折りにすると千円札サイズ で、気になるものは( ..)φメモメモを習慣にしてる。
 しかし、メモ帳とか、ノートというものは、常に持っているとはかぎらない。そこで欠かさず持っている財布の中にメモ用紙を数枚潜ませておくことにした。
 これで、なんどか助かったことがある。(^o^)わははは・・・
 A5のリポート用紙を三つ折りにすると、だいたい千円札の大きさになる。これを長財布のなかに入れておくとよい。5mm方眼の用紙ならは縦でも横でも記入できるので便利である。
 紙幣と同じサイズの手帳もいろいろあるのだが、これを財布に入れておくのは、やはり嵩張ってしまう。写真はコレクト社のもので、一万円札と同サイズだ。この場合は、逆に手帳カバーの方に一万円札数枚とキャッシュカードを忍ばせて、長財布の代わりにした方がよい。プラスチック・マネーで支払いを済ます主義にすると、現金の出し入れが減り、財布を常に軽くすることができるので、手帳でも充分財布の代わりになる。

コレクトの万札サイズの手帳リフィル あと、メモで有効なのは、何と言ってもデジタルカメラだ。日付の入った画像が有れば、そのとき何を考えていたのかはだいたい判る。携帯やipod touchの写真でもとにかく、ポスターや吊り広告など気になるものは、写真に撮っておけば、あとでメモに残すことができる。結局、いざというときには「自分だけは信じられない」というのが、最近の実感なのである。(^o^)わははは・・・
ストップウォッチを生活に使う
2011年12月27日 (火) | 編集 |
 もともと、時間にはルーズである。あれこれ寄り道するのが大好きで、決まった時間に一定の成果を上げるより、自分の納得するアイデアに時間をかけてもたどりつくのが好きだ。(^^ゞ
 しかし、心がどこかへ行ってしまって無駄な時間が多いのは、困りものなので我に返る工夫をいろいろしている。それに、読書やパソコンなどに没頭していると身体に悪いことも多い。自由人は一定時間を有効に使う必要があるのだ。
 それに良いアイデアというものは、時間をかければ出るというものではない。あれこれ考えておくと、熟成されて、ある日ぽっこりと姿を見せるものだ。だから「考えすぎ」は本当に時間の無駄なのである。それよりアイデアの元になる実際の体験を数多く処理しておく方が良い。何が役に立つかは神のみぞ知るである。
 で、以前タイムキーパーとして、ボンボン時計を復活させたのだが、やはり15分ぐらいで、我に返りたいし、持ち歩けることも必要だ。
 結局、リピートタイマー機能のあるストップウオッチをアマゾンで購入した。これを首から下げておくと、15分ごとに「ビッピッピ、ピピピピピピ」と教えてくれる。本屋や文具店で長居をしてしまっていても、いい加減にしたらと声をかけてくれるのだ。(^o^)わははは・・・

 ストップウォッチ機能も役に立つ。何かをはじめるときにスタートさせると、この仕事にどれだけ時間をかけているのかが明瞭である。だから始めるときには、20分ぐらいで終わらせようとか、時間のことを考えるのだ。時間を大切にするならこんな安い買い物はない。


 なお、より活用できる品として、タイマーが組み合わせのできる品もある。インターバルタイマーという奴で、10分経ったら次は3分その次は2分というように設定できる。
 また、腕時計にこの機能を組み込んで、音ではなく振動で教えてくれるというものもある。これはレフリー時計といって、スポーツの審判が使うものだ。ボクシングのようにラウンド制のものや、サッカーのようにロスタイム制の競技に対応していて、音が出ないし目で見なくても良いので、選手等に審判の動作を気にさせないようになっている。他人のいる場所ではこの様な品の方が良いだろう。

 使いこなせたら、少し高機能なものも良いなと、もう次の物欲が動いている。(V)。y。(V) フォッフォッフォッ・・・
 
 ブログ更新作業時間約30分(^o^)わははは・・・