暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
ヒイラギモクセイの害虫
2017年06月13日 (火) | 編集 |
 今年もやられてしまった。(^o^)わははは…
 ヒイラギモクセイの若葉が、穴だらけで茶色く縮れている。
 犯人は写真の中に居る。ヘリグロテントウノミハムシである。

犯人はヘリグロテントウノミハムシである。

 写真の中央の葉の裏に黒くて丸い半球形の虫が写っている。サイズは直径3mm程である。
 外見はてんとう虫のようだが騙されてはいけない。(^o^)わははは…(写真のクリックで拡大)

これは6月初めに現れるヘリグロテントウノミハムシの成虫である。成虫も食害するのだが、連休前後の新芽の展開する時期に幼虫が食害した結果が、写真の皮だけになった茶色いハッパなのである。この幼虫は葉の中に潜り込んで内側から食い荒らす。若葉は残された薄皮だけになって、乾いてチリチリになってしまうのだ。(ToT)

 この成虫、よく見ようと思って、手を伸ばすと消えてしまう。いや消えるのではなくてノミのように跳ねるのだ。そして木の周りをハエのように飛んでいる。しっかり捕獲して虫眼鏡で見ると、黒地に赤い二つ星で、ナミテントウムシそっくりのミニチュアである。しかしてんとう虫ではないのだ。名前の意味は順番に「縁が黒いてんとう虫に似たノミのように跳ねる葉っぱを食う虫」という意味である。

 対策は、殺虫剤を撒くことだが、これから出る土用芽にも卵を生むので、今すぐ対応した方がいい。とりあえずはハエ・カの家庭用スプレーでも大丈夫である。根本的には4月に幼虫の段階で農薬を散布して対策する。そのあとで春の刈り込みをすれば、その後の被害はほとんど無くなるはずだ。成虫は長生きで越冬するので、冬場に集団で越冬している場所を見つけて一網打尽にするのも良い。

茶毒蛾発生中!
2017年05月27日 (土) | 編集 |
 庭のツバキにチャドクガの幼虫が発生中である。(^^ゞ

チャドクガの幼虫

 椿の葉に表と裏から並んで食べるので、まるでハーモニカのようだ。連休明けから、見かけるようになって、葉っぱごとハサミで切り取って塵取りに受け、これをビニール袋に入れて殺虫スプレーをかけている。
    (-人-)南~無阿弥陀仏

 はじめは数ミリの微小な幼虫で、葉っぱの汚れみたいで見つけにくかったのだが、今週はよく育って一匹1cmを超えてきた。ヤバイ、ヤバイ。色もまだ幼虫色だが、背中には黒斑が見えてきて、一人前の毛虫化は目前である。
 背中が黒くなって一人前になると、集団をバラけて木全体に広がるので本当にヤバい。
 木全体に薬を撒かないと退治できなくなるし、更に大きくなるとサナギになるため椿の木から移動したり地面に降りてくる。場合によっては竿をつたってきて、洗濯物の中でサナギになったりする。
  ヽ(@_@)/わっ!

 今月中がチャドクガ退治の勝負どころである。
藤の花も見頃です
2017年04月21日 (金) | 編集 |
 ご近所の花ですが、出入りの植木屋さんの腕がいいので、花つきが見事。徒長枝を出させず花芽をたっぷり付けさせています。(^^)v
  A photo of the day   iPhone5 auto
藤の花

沼袋の牡丹寺が見頃に
2017年04月20日 (木) | 編集 |
 そろそろということで、沼袋の禅定院のボタンを観に行ってきた。池の周りの新しい株はまだだが、全体的には咲きそろってきた。今日は日差しが強いが明日は曇りのち雨になりそうなので、今週末が見頃で花持ちも良さそうだ。

  A photo of the day   RICOH CX2 auto
沼袋 禅定院の牡丹

日曜日はぼたんまつりで、地元の屋台が出て、いろいろ無料配布や汁椀のふるまいがあるらしい。花を見るなら土曜日の午前中、祭りも楽しむなら日曜日の昼前後かな。(^^)/
沼袋駅前禅定院の牡丹
2016年04月18日 (月) | 編集 |
 午後は雨がぱらついて、曇り空だったので、こういう日なら夕方でも花持ちが良いはずと、日没前に沼袋駅前の禅定院へ牡丹を鑑賞に行く。
  A photo of the day   Canon s120 auto
沼袋駅前禅定院の牡丹

 夕方の曇天の空の光が、花色を深く落ち着かせてくれる。(^^ゞ
近所の藤が開花
2016年04月18日 (月) | 編集 |
 今日の午前中は、晴れて暖かかったので、ご近所の塀の藤の花が一気に開花。(^^)/
 そろそろ亀戸の天神様の藤も気になります。
 とはいっても、藤は花房の上の方から咲いて来るので、先端はまだ未開花。下から見上げる藤棚の見頃はもうちょっと先だろうな。
  A photo of the day   Canon s120 Auto
藤の花が咲き始めた。

 それにしても、ええ色や。色彩が人間の感性をつくるのか、感性が色彩を選ぶのか。不思議なものだ。(^^ゞ

山笑う
2016年04月13日 (水) | 編集 |
 「山笑う」とは、中国の画家郭熙の画論『臥遊録』の一節「春山淡冶にして笑うが如く」に基づく春の季語だが、里から見上げる春の山は本当に笑っている。(^o^)わははは…

山笑う

 白い花は山桜である。山が白っぽいのは、コナラの新芽が銀毛をまとっているからだろう。これから山桜や楓は赤い新芽を伸ばしてくる。日に日に色濃く赤と緑の競演が始まるのだ。
 今は春霞が山全体を覆っているので、柔和で優しいパッチワークを見せているが、葉が広がり緑が濃くなり、光をしっかり反射するようになると、山は力強くたくましくなる。
 根から大量の水を吸い上げ、木の隅々までいきわたらせて、その葉を展開すると、林床は涼しい日陰となる。

 再び郭熙の画論によれば「夏山蒼翠にして滴るが如く」である。
わに塚の桜
2016年04月07日 (木) | 編集 |
 4月6日は、天気を見計らって、韮崎市のわに塚の桜を見に行った。富士や八ヶ岳の見える場所なので、花の時期を読むだけではなくて、天気の良い時に行きたくて、日和見に苦労していたのだ。その成果はあったようである。(^^ゞ

  A photo of the day   Canon S120 auto
わに塚のさくら

 わに塚と言う名は、櫻の植わっている塚が、社寺の正面につるしてある、ひもを引いて打ち鳴らす青銅の平たい鈴のような、「わにくち」に似ているからだろうと、古書には書いてある。周りは畑なのだが、どうもさくらの植わっている場所が丸い古墳の上らしいのである。
 すぐそばに歴史ある武田八幡社があって、この塚はその起源に縁のある武田王というヤマトタケルの子の墓だという口伝もあるので、これまで大切にされてきたのであろう。
 ことしは、先日から冷涼な天気が続いているので、勝沼ぶどう郷駅の桜も見事な状態で、山梨市駅付近の桃の花も満開だった。これらが揃うのは幸運だ。雪をかぶった山々もよく見え、車窓からの花と景色を満喫した旅であった。(^^)/
異常気象で椿が開花
2015年12月27日 (日) | 編集 |
 いつも3月に咲く椿の花が、今年は12月に咲いてしまった。

12月に咲いてしまった椿の花

 蕾が寒さに向かって、固く締まっていくはずなのに、春の様に緩んできてしまった。(^^ゞ これはどういうことなのか。
 人間は変わってしまうが、自然は変わらないという前提が崩れてしまう。環境が不安定になれば、我々の暮らしもまた安定を欠くことになる。来年はどうなる事やら心配である。 ('Д')はぁ~
広がるイワダレソウ(^^ゞ
2015年09月02日 (水) | 編集 |
 一昨年車の下から道路へ這い出したイワダレソウ。今年は白線で区分された歩道部分を完全占拠してしまいました。(^^ゞ幅は1m程になります。
道路に這い出したイワダレソウ
 先端部は踏まれることも多いので、細かく枝分かれし苔の様になっています。下はアスファルトなのにこの勢いは凄い。植物の底力は凄い物です。しかし、もうすぐ秋ですから、成長も止まり枯れ始めるでしょう。
 <以前の記事>
   イワダレソウの花
   昨年のイワダレソウ