さぶいぃ~ぃぃです。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。
2018年02月16日 (金)
 先週はNY発の株式下落があった。今週はドル安円高で1ドル109円から106円になった。おかげで、ドル建てで運用している信託資金はずいぶん減ってしまった。(約一割) しかし、まあ今のところは秋から増えていた分が減ったので致し方なしというところか。日本人で日本に住んでいるので、ドル資産を円で換算するから少々焦るのだが、当然ながらドル安でもアメリカにおけるドルの使用価値は全く変わらない。日本円に計算しなければよいだけである。
 なんだかんだで、やはりアメリカが資本主義の中心であって、円のほうがその影響下で上げ下げしているだけなのである。円高が行き過ぎたと思えば、高い円で価値の減ったドル資産を増やし、ドル高なら逆に円資産を増やせばよいのである。まあ、この見極めが正しくできればどんどん金持ちになれるのだが、(^o^) わははは…これがむずかしい。

 さて、日曜日は墓参りに行ってきた。
 親父が亡くなって18年、おふくろも猫も逝ってしまった。残すものなく気は楽なのだが、おかげで全てにルーズになってしまった。やるべきことが皆後回しである。(^o^) わははは…

 菩提寺には、白梅が咲いていた。これから垂れの紅梅が咲き、桜・桃と…春の暖かい日がやってくる。墓参りの散歩も楽しみである。

菩提寺の白梅

2018年02月06日 (火)
 昨晩のニューヨーク株式市場の下げはちょっとびっくり。
 でも来るべきものが来たってやつでしたね。なにしろこのところの値上がりは異常だった。(^^ゞ NYは12月はじめの水準まで、落としたのだが、それを受けた東京株式市場は10月はじめの株価水準まで落としてしまった。ここしばらくの株高は9 月から始まったものだったので、去年の含み益の大半を一日で吐き出してしまったようだ。(ToT)あら~っ

ニューヨーク・ダウ平均株価
   ニューヨーク・ダウ平均株価

 具体的なブラック・スワン(未知の危機)が出現したわけではないので、水鳥の羽音に驚いて一斉に兵を引いた平家の軍勢のようなものだから、落ち着きを取り戻せば大したことはあるまいと思っているのだが、テレビでももっともらしい解説が述べられているように、これが流れとなって定着してしまえば、もしかすると壇ノ浦まで行ってしまうかもしれない。さて、今晩は如何。(^^ゞ




2018年01月06日 (土)
 昨晩はびっくりしましたね。真夜中に震度4でガッンときましたからね。前日には錯誤の緊急地震速報が鳴りましたし、少々不安な年明けです。(^o^)丿わははは・・・
 さて、このところニューヨークや東京は株高で、投資以来約一年を経過している「ロボ・アドバイザーによる資産運用の自動化」は少額ながら順調に一割程度の値上がりを稼ぎ出している。少し前は世界の株高に投資しようとしても、資金をドルにして用意したり、確定申告必須だったり、あれこれハードルが高くて困難だったが、今は本当に簡単である。情報に敏感だといろいろ得は多い世の中である。

 しかし、実は情報に敏感だと、金は増えても貯まらないのだそうである。
 経済学に「地位財支出」という概念がある。社会の中で自分のポジションにふさわしい生活をするために必要な支出である。これが現代社会ではかなり重要なウエイトを占めている。車・家・子供の教育・身の回りの品等、周りの人たちの様子を伺って「このぐらいなら許容範囲」と支出しているものはかなり多いのだ。しかも困ったことに、とかく人は一クラス上の生活が羨ましい。そして情報に敏感な人は他人との競争に負けまいとするから、身の丈以上の支出がさらに増えるのである。現在のように変化が激しい社会では、トレンドや性能がどんどん変わり、数年で不要になる品を買い漁ることにもなる。(^^ゞ

 だから貧乏が、稼ぎに追いつき、追い越してゆく。資本主義は国民に消費させることによって経済成長しているので、情報空間は購買意欲を煽る情報であふれている。カード払いなんて便利で悪どいシステムもある。特に「インスタ蝿」や「イイネ=b! 欲求」には要注意だ。
 悪いことに、スマホはあなた個人を特定し認識し、閲覧履歴から趣味・嗜好・購買履歴を考慮して、「最適な」広告を表示する仕掛けだ。
 だから、情報機器を操作しているとき、判断は待ったほうがいい。誰かの手玉に取られていないか考える必要がある。
 私など、昔の貧しい生活を知っているから、少々のことでは動じないし、恣意的な広告はブロックして、資本主義から身をおいているつもりだが、実はそれでも身の回りは不用品で溢れている。(^o^)ゞわははは・・・

 「地位財」に対しては「非地位財」という概念もある。社会と関係なく個人として欲しいと思う財産である。他人の思惑とか評価を離れて、心の底から感じるもので、忙しいときに欲しい休暇とか、個人の趣味の品などである。こういう非地位財をしっかりと認識できている人は、金を使わず幸福になれる。「絶対的な幸福」を手に入れられるからである。
 ひいては、金が貯まる。その筈である…。多分…
 まあ、私は責任は取らないから、そのつもりで。(^o^)丿わははは・・・

2017年02月16日 (木)
 人工知能が人間に勝るといった話題がアチラコチラに出始めているが、資産運用を自動化するシステムが登場してきたので試して見ることにした。ロボットアドバイザーなどと呼ばれてもいるようだが、人間に変わってロボットが投資プランを作り、提案し、運用もしてくれるようである。ある程度本格的なもので、使いやすい物を探したら「ウエルスナビ」と「楽ラップ」が良さそうであった。
 ウエルスナビはアメリカの定番ETFで運用する。これに対し楽ラップは国内の投資信託で運用する。どちらもラップ口座と呼ばれる一括一任契約で、契約した運用方針に従って、自動的に売り買い・リバランス等を行ってくれ、これらに必要な年間手数料が総額の1 %以内で済む。自分でやってもよいのだが、たとえばアメリカのETFを資産運用すると、ドル円の両替やETFの購入手数料と其の手間は馬鹿にならない。運用資産百万円だと手数料1%は一万円だから安くはないのだが、おまかせで考えずに米国内での資産運用ができるのは便利といえる。一方、楽ラップは国内投資信託なので手数料は少々安いが、この程度なら自分で管理したほうが合理的にも感じられる。

 さて、肝心のロボットによる資産運用だが、ウエルスナビの場合、これは大したことは無さそうだ。いままでの定番方針どうりに運用するだけのようである。特別な有望株を見つけたり、今後の景気動向を予測して事前に手を打つようなことは、まだ出来ないようだ。人間の迷いや不安に関係なく、淡々とセオリー通りの運用をするというのが、自動運用のメリットであるように思われる。
 すでに、日米の株価も高いところに来ているし、いつ円高になるとも判らない情勢だから、新規投資を始めるには不向きな時だが、契約してみて、ロボットのお手並みを拝見しよう。(^^ゞ

2016年10月11日 (火)
  物価が下がるデフレーションが経済発展を阻害する悪者にされているが、これはおかしい。(^^)/ デフレは現在の経済成長下では当然の現象なのだ。何故ならイノベーション(技術革新・経営革新) こそデフレの原動力だからである。
 技術革新が無くて、生産力が上がり経済規模が大きくなれば、原材料や労働力が不足し物価が上がってインフレーションを引き起こす。物や資金が不足し奪い合いになるのだ。これに対し、技術革新や経営革新で生産力が上がった場合はどうなるか。原材料は少しで済み。労働者は解雇される。商品は増えるが、購買力は減るのだ。すなわちデフレである。
 イノベーションで新しい分野の商品が創出され、新規の需要が掘り起こされるなら良いが、経営が保守的になり、イノベーションを改善・改良でのみ使用すれば、デフレの進行は著しいものになる。
 安倍・黒田によるインフレ政策(アベノミクス)は、海外の経済論調を盲目的に受け入れた誤りの政策である。これまでの政策の急激な成果というものは、この経済論調への期待から生じたところが大きい。インフレの原因と結果を取り違え鶏と卵の関係に置き換えてしまったのである。
 イノベーションの続く時代は、新規の需要が掘り起こされなければ、デフレは当然と考えなければならない。この数十年間は不況と言われながら、経済は発展していたのであって、否定されるべき時代ではなかったのだ。
 あの爆発的なカラオケブームが終焉したのは、携帯電話の普及が原因と言われる。若者の連帯感が、ともに集うカラオケから、離れていても繋がる携帯へと場所を変え、経済的リソース(お小遣い)もそちらへ移動したからである。
 日本経済の課題は、現在のようなイノベーションが続く限り、新しい雇用の創出と古い雇用の雇止めのバランスをコントロールする事だろう。イノベーションが日本国内に新しい雇用を生み出せないのであれば、先行きは厳しい。

2016年09月23日 (金)
 Online家計簿のマネーフォワードはとにかく便利である。
 何もしていなくても、自動で精密な家計簿ができてしまう。もちろんある程度の気遣いは必要で、支払いを現金ではなく口座やカード払いにすることで良いのだ。すると支払いを自動で項目に振り分け、一覧表にしてくれる。構成比の円グラフや、毎月の変動を見る棒グラフも見れる。データーを表計算形式でダウンロードもできる。
 例えばスマホではこのように見れる。

マネーフォワードの画面表示
 円グラフの下には、小項目ごとの金額と構成比が続いている。

 この表も驚きなのだが、本当に便利なことは、毎日自動で銀行口座やクレジットカード口座を巡回して、入出金のデーターを取ってきてくれることだ。だから、支払いがあちこちの口座に分散していても、パソコンを開けば、一覧で毎日点検できるのだ。NFCカードの読み取りができるスマホがあれば、手元のスイカのデータも読み取らせて送信することができ、交通費や自販機の使用記録も家計簿に取り込める。

 財布から現金を出した場合は、手入力ということになるが、まあ千円以上の新聞代や飲み会の会費等を記録すれば、あとはアバウトでいいのではないか。私は毎月財布に入れる金額決めて、そこから記録した額と財布の残額を引いた「日々の小遣い」を「その他現金」として纏めて計上している。(^o^)わははは…

 これまでも、口座払いの出来る物は口座払いとし、高額品はもちろんカード払い。日々の食料品もほとんど近所のスーパーのカード払いである。すると手入力の必要な支払いは月に数えるほどしかない。

 家計簿の〆は毎月22日にしてみた。というのは、月末と月初めには支払いが集中していて、仕切り方で月の額が大きく変動する場合があるのである。それで5日〆にしてみたのだが、「はじめチョロチョロ終わりにドカン」となるので、途中経過を見ても今後の計算を立てにくい。それで、〆を支払いがまとまって始まる前にしてみたのである。こういう変更も自在で、あれこれやって見れるのが有り難い。

 とにかく、今まではどんぶり勘定で、人に年金生活の具合を聞かれても、まともに答えられなかったのだが、これで将来の見通しも、堂々と口にできるようになったし、全容が把握できたので精神的にも生活不安は無くなった。ありがたや~。(^^ゞ

2016年09月09日 (金)
 この数日、パソコンの資産管理ソフトを研究していた。
 今は、便利なソフトやアプリが沢山あるので、遅まきながら導入を図ることにしたのである。
 候補のソフトは三つある。
●MoneyLook
●MoneyFoword
●MoneyTree

 それぞれに特徴がある。

 MoneyLookは、パソコンのソフトとして歴史がある。沢山の口座が登録でき、ボタン一つで各口座の自動ログインを繰り返し、現在高を集計して一覧表にしてくれる。いわば「自動口座巡回ソフト」である。
 MoneyFowordは「自動家計簿ソフト」だ、銀行口座の引き落としや、カード払いの記録を巡回集計し、後日の参考になる詳細な家計簿を作ってくれる。
 MoneyTreeはやはり「自動家計簿ソフト」だが、iPhoneのアプリから始まっているので、簡単で解り易い。

 検討した結果、私はMoneyLookとMoneyFowordを併用することにした。
 理由の一つは、長く生きてきたので、お金を預けた銀行・証券会社や支払いカードをたくさん所有する結果になっていて、自分の財産の総額がどのくらいあるのか判らなくなってしまっているからである。(^o^)わははは…
 MoneyLookはログイン情報の登録が済めば、ボタン一つでこの要望をかなえてくれる。また設定した「一つのパスワード」だけで、登録したすべての口座に出入りでき、口座間の資金を相互に動かすのにとても便利だからである。これは大きなアドバンテージだ。

 一方、生活費がどのぐらいかかっているのかも問題で、自分がどんぶり勘定の上に、支払い口座というどんぶりが沢山あるので、全体像が容易に把握できないことになっているのだ。(^^ゞ
 これには、MoneyFowordが最適だ。銀行やカード会社など複数の口座での支払い情報の登録を毎日巡回し、一つにまとめて現在高や毎月の項目別集計表作成、さらにグラフ化まで自動でやってくれる。これは感動的な能力で、やってみて驚愕した。気に入らないところは修正も容易だ。

 MoneyTreeは、センスが良く使いやすいのだが、その後のデーター活用という点で、私には物足りなかった。若い人が手軽に始めるには最良のソフトだ。
 MoneyFowordで一本化もできそうなのだが、私の第一の目的にはMoneyLookの方が向いているし、一本化のためにMoneyFowordの全機能を使うには500円/月の有料プランが必要になるので、当面は無料プランで機能を熟知してから、考えたいと思う。
 長らく懸案にしていたことが、見事に解決したのと、20店以上に分散していた放置財産を集計したら思いのほか多額(^^)だったので、今日は安心して眠れそうだ。(^^)/

2016年06月25日 (土)
いや~、昨日のイギリスのEU離脱決定による為替や株の変動には驚きましたね。判ってはいたはずだが、現実になるとビックリです。(^o^)わははは…
しかし、これがEUの崩壊になるとか、歴史の転換点になるかと言えば、そうは思わない。必要な歴史の揺れ戻しではないのかな。
EUには、第二次世界大戦の経験から、平和な統一ヨーロッパを作ろうという壮大なビジョンがあって、東洋の大陸から外れた海上の民には判らない動機があって、ここまでやってきているのです。

一方、この統一ヨーロッパとという思惑には資本主義的動機もある訳で、水野和夫やトマ・ピケティ等の論によれば、資本主義経済は常に未開拓のフロンティアを必要とする。経済格差を利用しなければ資本主義的拡大再生産ができないという裏の拡大の動機がある訳です。
その結果、ソビエト崩壊によって、EUは当初目指した範囲をはるかに超えて、東側へ拡大した。それによって資本主義的な成功を収めるとともに、国内的には難民移民によって、賃金や生活水準の切り下げが起こり、国内の経済格差の拡大を招いている訳です。
しかし、国民には国民国家の主権を失いたくないという気持ちも当然ある訳で、第二次世界大戦中に主権を失わなかったイギリス国民は、特にプライドが高い。ヨーロッパの北辺に位置し、独立を勝ち取る苦労をしているノルウェーもまた、EU加盟を二度にわたり拒否している。
だから、ヨーロッパ統合の理念は共有できても、資本主義的交流が強まれば、自分らの暮らしを優先したいという動機は強まる。こういう揺れ戻しが常に来て、しかし社会は進歩していくのだろぅ。

イギリスのEU離脱は決定したが、実際にはまだずいぶん時間がかかる。しばらくはどうなるかわからない情勢が続くだろう。これがまた世界経済的には困ったことになるのである。(^^ゞ

特に我が国の首相は、なんでも我田引水、内容を捻じ曲げて得意げに語るから注意をしなければ。(^o^)わははは… この問題は短期的に我が国の利益云々で語るのではなく、大きな目で我が国の今後に生かさなければならぬ話題であると思うのだ。

2016年06月16日 (木)
ソニー銀行から定期預金の繰り上げ満期のお知らせが来ました。
「円定期pius+」という商品で10年満期で金利が良いが、銀行の判断で満期が繰り上げられることもあるという商品でした。
年利0.55%(^^)vだったのですが。一年で満期にされてしまいました。(^o^)わははは…

まあ、当初の予想どおりの展開でしたが、アベクロコンビのマイナス金利は迷惑なんですよ。(^^ゞ
もう、お金を銀行に預ける価値は無いね。銀行も貸出先が無いし、庶民も貯蓄意欲が無くなって、先の心配ばかりするから、結局タンス預金が多額になって、いくらお札を刷っても商業的に循環しない。将来の日本人に財政再建の禍根を残すだけである。

2016年02月24日 (水)
 定期預金満期のお知らせと言うメールが届いた。普通預金に繰り入れたというので、銀行の口座を確認して、金利情報を見たら。
 (^o^)わははは… 普通預金金利0.001%でございます。

 100万円預けて金利10円ですね。
 マイナス金利の時代ですから、0%にしなかったのは、銀行の面子かな。しかし、これは異常金利なのではなくて、もう「正常に戻る」ことはできないのでしょう。

 時代が変わった。
 経済アナリストの水野和夫氏が今世紀初めに見通したように、経済のグローバル化が行きついて、資本主義が「最も効率的な生産様式」だった時代が終わり、新しい模索の時代に入ったのでしょう。
 にもかかわらず、お金の操作で、経済発展ができると思っている。アベクロコンビは傷口を広げるのに邁進している。
     ( ゚Д゚)ふぇ~
 日本が低成長時代に入った時に、無理やり財政出動をしたことが、国債の大量発行をまねき国の膨大な借金を作った。それが、さらに低成長に入って、今度は日銀券の大増刷を行っている。これが今後どういう結果を呼ぶのだろうか。
 株は暴落、国債は額面割れ、銀行は倒産と、いろいろ危ないから、当面現金と年金受給が一番無難の社会が今世紀は続くかな。(^^ゞ