高齢猫の甲状腺機能亢進症

 先日、食べては吐くことを繰り返し、毛艶が落ちて、体重減も感じたので、猫を医者に連れて行った。それで、検査結果を聞いてきたのだが、甲状腺機能亢進症らしい。新陳代謝をつかさどる甲状腺ホルモンが過多になって、多食多飲になるが、心臓や他臓器の働きも多くなって、痩せたり心臓疾患にもなるらしい。そして独特な長鳴きをする。そういわれると思い当る節はある。このところお品が無くなって、台所で餌を漁ったりもするのだ。

猫は気楽だ 医者と相談はしたのだが、薬や食事療法等の治療は、シビアにやらないと全く意味が無く、ちゃんとできないならやらない方が良いようである。そんなわけで理由の理解の出来ない猫を怒りながら躾けるより、残り少ない命だから、猫の好きなように生きさせる方が良いかと思っている。それに他に腎臓や肝臓もそれなりに機能が落ちているし、素人考えだが甲状腺機能亢進のおかげで、これらの機能が保たれているという可能性もありそうだ。そもそもこれらの病気は高齢猫の宿命的持病であって、お齢の所為とも言えるものだ。

 さいわい、病院へ行って来たら、そのあとの調子はいい。良く食い、元気である。これが甲状腺機能亢進の所為だとしたら皮肉な物である。 まあいい。今日はマグロの缶詰をおごるぞ。(^o^)わははは…

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)