暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
独学術@読書
2016年03月09日 (水) "
独学術@読書独学術
白取春彦(著)
(出版社) ディスカヴァー・トゥエンティワン
(ISBN) 9784799312254
(サイズ) 新書

 またまた100円購入の古本である。
 著者は、文学哲学に詳しいが、その経験を基に、大人の勉強方を展開している。物知り親父から、自分の言いたい放題言われているような本ではあるが、経験の裏打ちがあるから面白い。(^^ゞ

 たとえば、情報は今だけのもので、そこから得られた時間に耐える物が知識になる。知識は人格に裏打ちされて教養になる。知識を悪いことに使わないのが教養だと、そんなことを言っている。
 そして、大人の勉強法は「習う」ではなくて、「究める」であるべきと言う。好きな事、気になる事、知りたい事をとことん勉強してこそ、能率も上がるし身に付く、習った事だけでは結局自分の物にならないと言う。
 昇進等の目先の役に立つというような、功利的な動機で勉強してはイカンと言う訳だ。(^o^)わははは…

 読むべき本の選び方や、内容の習得方法など、なるほどと言う主張や技術が展開されて、やってみたいと思う。しかし、これはあくまでも氏の身に着けた学習法であって、参考にしつつ、自分の器に合わせた「独学術」は自分で開発しなければならんと、実感するのである。(^o^)わははは…
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック