暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
青春18きっぷで中央本線から東海道本線一巡り
2016年03月14日 (月) | 編集 |
 とりあえず、一か月前に買っておいた「(快速臨時夜行)ムーンライト信州81号」の指定席のきっぷがあり、前日に慌てて計画を立ててお出かけです。先日までは、信州安曇野を歩くつもりでしたが、あまりに朝早く到着するので、気が変わって、未だ乗っていない中央西線を、乗りに行くことにしました。(^^ゞ

 出発は、金曜日の夜23:54新宿駅発です。青春18きっぷなので、土曜日最初の停車駅になる立川まで、別に切符を買っておきます。
 中央東線終端の松本到着は4:35です。駅前のマクドナルドの珈琲で時間をつぶし、5:39発の東京方面高尾行で塩尻まで戻ります。これでやっと夜明けです。だれもいない塩尻の街を散策して駅に戻り、後からくる6:26の名古屋方面中津川行へ乗車。いよいよ中央西線木曽路の旅の始まりです。松本は雪が無かったのに、塩尻からは雪景色です。夜が明けたのに白と黒の山が車窓に迫ります。

 奈良井を過ぎると、列車はトンネルに入ります。出るとここから景色が変わります。緑の山並みです。実はこのトンネル上の旧中山道の鳥居峠が気候を東海側と信州側に分けているようですね。日本海へそそぐ信濃川と太平洋にそそぐ木曽川の分水界でもあるようです。7:30トンネルを抜けたところで、山の端から朝日も顔を出しました。そろそろ木曽福島です。8:47中津川に到着、名古屋行に乗り換えて2駅で、9:06恵那駅着。

 ここで国鉄から第三セクターへ移管になっている行き止まり盲腸線の明知鉄道で明智の町へ。
 明智までの往復には一日フリー切符を買いました。往復と同じ1380円、ボール紙の硬券切符です。単線を一両のみの小さなディーゼルカーで49分、上り下りの多い山間田園路線で、のろのろゆっくり走ります。到着した明智は日本大正村を名乗る町おこし運動の先駆けで知られています。旧町役場等の古い建物を見て回りました。

明知鉄道のかわいい運転席
☆明知鉄道のかわいい運転席 ドアのアームレストがチャームポイントかな。

 さて、再び恵那へ戻って、12:31発⇒12:59多治見着、徒歩で虎渓山永保寺の庭園を目指す。
 途中、ご当地の名物うどん「ころうどん」を食す。これはまた改めて記すが単純ながら美味である。
 14:20裏門から永保寺庭園着、写真をバリバリ撮る。途端に電池切れ。(^o^)わははは…
 15:29発の路線バス利用で駅に戻り、再び中央本線の旅、15:45多治見発⇒16:23金山着。金山は名古屋の二つ手前の駅で、帰りの東海道本線への乗り換え駅である。

 ここで、本日の大事件発生。電車が来ない。名古屋駅の一つ向こう側の枇杷島で架線事故だそうである。
 青春18きっぷの旅で一番恐ろしいのが、ダイヤの乱れで乗り継ぎができず、一日で帰着できなくなることである。シンデレラではないが夜の12時を過ぎると切符がタイムアウトなのである。(^^ゞ 特に帰りの事故は痛い。簡単な予定変更で、遅れたスケジュールの取り戻しを出来ないからである。 へ( ゚Д゚)アタフタ
 幸いこの金山駅は地元の名古屋鉄道との連絡駅であり、行き先の豊橋も連絡駅である。さっそく駅員から振替乗車票を入手して、16:37の名鉄特急に乗る。関西の私鉄は早くてきれい。計画に遅れを生じることなく、17:26無事豊橋に着いた。
 しかも私鉄乗車が只 \(^o^)/

 ここからは簡略に乗り換えを記そう。17:42豊橋発⇒、18:27浜松発⇒、20:02静岡発⇒、21:27熱海発⇒、21:50小田原で快速アクティに乗換⇒、23:07東京駅着。これで自宅に今日中に帰れる。やれ安心(^o^)わははは…
関連記事

コメント
この記事へのコメント
軽旅
めったに行かないと色々考えたり準備したり詰め込んだりの重い旅行になりがちですが、年齢は別として隠居の青春18きっぷ旅、軽くていいですね。
なお中央線の東西は逆になっている気がします。
2016/03/16(水) 12:33:23 | URL | Maco #mQop/nM.[ 編集]
東西逆ですね。(^^ゞ
 ご指摘の通り、さっそく訂正させていただきました。
 最初に間違った思い込みがあると、若干の違和感を感じても、そのまま行ってしまうのが、齢かもしれませんねぇ。こういうポカが最近多くてね。(^^ゞ
 考えていると、旅も行けません。出かけた先で気になる事はタブレットで調べれは良いと、割り切って出かけてます。おかげで偶然出くわすものも数多ありです。
2016/03/16(水) 18:15:27 | URL | 瓢鯰亭 #eCzvOtzk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック