毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
向かいの招き猫
2016年07月25日 (月) "
 我家の玄関をでると、道に人がしゃがみこんでいることがある。夜など初めはビックリしたが、度々なので最近は慣れてしまった。というのは向かいのアパートの入口隅に猫が居付いているのだ。この猫が人を呼び止めるらしい。道端に止められた自転車の間や、古びた万年塀の上や、はたまた物置の上から、ニャ~と鳴いて、昼でも夜でも道行く人を呼び止めるのである。
 猫と目が合ってしまうと、話しかける人やスマホやカメラで撮影をする人などいろいろで、結構人気物なのだ。ふつう猫は道で出会うことがあっても、そそくさと逃げてしまうものだが、この猫は性格が違う。(^o^)わははは…
 わざわざ呼び止めて、頭を撫でられたり、ポーズをとるので、この猫に人は引きつけられてしまうようだ。招き猫なのである。

 そういえば、招き猫というのも日本的なデザインで面白い。歴史的には江戸時代以前にはさかのぼらないようで、幕末から明治にかけて一気に一般化したようだ。このデザインは完成されているが、誰がデザインしたのであろうか。
 今では海外でも見かけるようだが、アメリカの物は招く手の向きが日本と逆で、手の甲を見せているそうである。これは株式の買いが相手から手の甲を見せ(bull)、売りが手のひらを見せ(bear)るように、こっちへ来いのジェスチャーが日本人と違うことによる。( ゚Д゚)ふぇ~ しかし、招き猫は、もととも猫が顔を洗う仕草が元で、耳の後ろから動けば人が来るという話からスタートしているそうだから、逆手では猫ではないと言いたくなるのである。(^^ゞ

招き猫
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック