早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
リコーCX2購入 
2016年09月15日 (木) | 編集 |
 猫が死んでしまったので、中古カメラを買った。(^^ゞ
 何の関係があるのか、と言われるだろうが…、
 心の穴を埋める行為である。お許しを… m(_"_)m

 リコーCX2は、2009年秋の発売である。コンパクトカメラに光学10倍高性能ZOOMを搭載するという新しいトレンドを作ったカメラで、当時の売れ筋の3万円くらいのポケットサイズカメラに対し、5万円近い値段で売れ筋に登場した「時代のカメラ」だ。
 私が買ったのは、これ。ピンクメタルトップのモデルで税込5400円だった。
リコーCX2ピンクメタルトップ

 このカメラは欲しかったのだが、当時はあれこれ悩んだ結果、ソニーのHX5vを買ってしまった。というのは後発のソニーが広角24mmからのZOOMを搭載し、「GPS・デジタルコンパス・ハイビジョンMovie・パノラマ撮影・高感度裏面照射CMOS撮像素子」と新機能満載のHX5vを出して、またたくまにリコーより店頭売価が安くなってしまったからである。静止画カメラとしては疑問の有ったソニーHX5vだったが、この各種機能は魅力だった。

 このあと、「リコーにしては珍しい売れ筋商品」だったCXシリーズは他社の類似品の大量投入で苦戦をし始め、同時にスマホの普及でコンパクトカメラの市場自体が急速に萎み、CXシリーズも「CX6」をもって姿を消したのである。

 このカメラは、望遠性能とマクロ拡大性能が売りで、「常時持ち歩くオールマイティカメラ」としては、現在でも一級品だと思っている。そしてiPhoneでは撮れない領域の写真が撮れる。一時調子の悪かった手持ちのHX5vが自然回復したにもかかわらず、このカメラを買ったのは、もうこの手のカメラは生産されないだろうと思うからである。(^^ゞ しかも、ちょっと変わったピンクメタルトップで使用感の少ない美品であった。しばらく楽しみだ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
こらまた意外なカメラを
CX-2はサブカメラとして現役です。これは黒ですが、実はピンクトップが、(常時携帯ではなく)欲しいカメラでした。この時代のRicohは輝いてました。

HX5vがGPS搭載というのを忘れてた。それこそデジカメに欲しい機能なのですが、あまり評価されてないようですねぇ。

何にせよいい気紛らわしを見つけられてよかったです。
2016/09/18(日) 16:42:35 | URL | Maco #mQop/nM.[ 編集]
GPSの落とし穴
HX5vのGPSはあまり実用的ではありませんでした。iPhoneの様に常時位置を掴んでいないので、移動して起動した数分間は移動前の位置情報を写真に記録してしまうのです。アイデアを実用にするのは難しいものです。(^^ゞ
2016/09/18(日) 22:29:43 | URL | 瓢鯰亭 #eCzvOtzk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック