暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
これはWindows11なのか?
2016年09月22日 (木) .
八月から始まっているはずのWindows10のアニバーサリー・アップデートが一向に始まらない。どうも裏で実行しようとして、失敗しているらしい。そこでチェックしてみた。
 手動で実行しようとすると、

 途中で「エラー 0xC1900200」 となる。これはWindowsの最小要件を満たしていない場合に発生する。そんな筈は無いと、ダウンロードされたインストールプログラムの再実行でここを強引に突破すると、

セットアップは、USB フラッシュドライブに Windows をインストールすることはできません」というエラーメッセージが出る。( ゚Д゚)ふぇ~

 ネットで調べるとこれは「Windows To Go 環境への誤認」ということらしい。つまり、インストール先が「USBメモリーに保存された移行用のWindows」だと間違えているらしいのだ。

 ネットの過去事例ではレジストリ エディターを使って

 キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
 名前 : PortableOperatingSystem
のデータを 0 にするか、PortableOperatingSystem 値自体を削除すれば改善するようです。

 と報告されていた。(^o^)わははは…めんどくさいことだ。でもこれが原因なら簡単。
 レジストリーを書き換えて、再実行。みごとアップデートは完了した。

 Windowsのバージョンは「1607」になった。
 新しいWindowsは、私の使用レベルでは以前とほとんど変わらない感じだが、アップデートプログラムのダウンロードと実行にはかなりの時間を要した。プログラムの中身は一新されているようだ。つまり「Windows11」になっていると思われる。通常の修正的アップデート程度と思ってはいけない。(^o^)わははは…
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック