早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
コーヒーの淹れ方 
2016年11月22日 (火) | 編集 |
 日曜日にお出かけしたついでに、浦和のS氏の珈琲焙煎店に寄ってきた。10年以上お会いしていなかったはずであるが、歓待していただいて、珈琲豆のお土産も戴いて帰ってきた。翌日自分で淹れたコーヒーの味を「苦いが、まろやか」とメールしたら、「苦いのはお湯の温度が高すぎ。」とおしかりを頂いた。(^^ゞ
 で、早速 低めの温度で淹れてみた。ナルホドである。自分で焙煎した豆だからよくご存じで、苦みが抑えられて、「まろやかで甘いコーヒー」が入った。美味い。(^o^)わははは…
カフェマイスタ地図
 珈琲抽出の温度が大切なことは、頭ではよく判ってはいるのだが、まあ適当にやっていた。猛省しなければなるまい。当面は、沸騰したお湯を一度カップに移し、カップを温めることにしよう。そして、ポットの湯は魔法瓶に移し、カップのお湯を一杯分ポットに戻して、これでドリップすることに手順を変更した。店でS氏の淹れる珈琲はもっと低温だったが、そのへんはおいおい詰めてみよう。しばらくはこの味の違いが楽しみた。
 ★カフェマイスタ過去記事
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック