暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
わが人生に悔いあり
2016年12月03日 (土) "
 「わが人生に悔い無し。」ならかっこいいのだが、振り返るとやはり悔いありである。(^^ゞ

 性格的に面倒くさい事や怪しい話からは逃げ、楽で安全な道を選択してきた。基本的にリスクを取らなかったのである。だからいろいろ人生のチャンスを逃してきた。振り返ると別の人生が有ったことを思う。
 なぜそうなったかというと、決断を必要とした時に、予定や準備をして待っていなかったからである。先を見てなりたい自分、やりたいことを把握していない自分がそこに居た。
 チャンスをものにするためには、自分の夢を煮詰めて、スキルや条件を整えておく必要がある。準備が無ければチャンスが与えられても、飛べないのだ。怖気づいてしまう。(^o^)わははは…

 社会的成功者という物は、優秀であることはもちろんだが、千載一遇のチャンスをものにできた人である。多くの人はチャンスに出会えても、それをチャンスとして捉えられない。自分の夢を考え抜いて、その時を生かす遠大なビジョンを持っていた人間だけが、そのビッグチャンスをものにできるのである。
 小市民的な生活者でも、チャンスへの態度は同じだ。仕事や趣味や結婚など、夢を持っていれば相手から声がかかるものである。その時、どのような判断ができるか、それが人生を決定する。
 まあ、小心者は今の甲羅に合わせて、穴を掘ってしまうので、なかなか飛躍は出来ない。齢を取るとそんなことを考える。

 しかし、それも悪い事ばかりではない。「稼ぎに追いつく貧乏無し」といわれるが、収入より支出が多ければ、金持ちに見えてもやはり自転車操業の貧乏である。能力も「出」が多ければ枯渇する。現代社会は能力の無駄な消費を必要とするところも多いから、大したことのない仕事で能力を使い果たしてしまう人も、多いのだ。成功するためには自分の無駄は切り捨て、人の成果に乗っかる必要がある。だから、自分の性格を考えて、ほどほどに生きることも悪くはない。それもまた昔の人が推奨した生き方なのである。(-人-)なぁ~無

 しかし、いくつかは取りに行きたかったチャンスはあった。この残念さがまた人生という物か。(^o^)わははは…
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック