早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
Androidでパソコン環境
2017年01月16日 (月) | 編集 |
 百円ショップでMicroUSB変換コードを買って来た。アンドロイドスマホのMicroUSBに普通のUSB機器を繋ぐコードである。早速レノボ・ヨガ2にUSBマウスを繋いで、テストしてみる。タブレットの画面にマウスが現れ、快適に操作できる。Bluetoothのキーボードもつなげて、ほぼパソコン環境となった。なかなか便利。
 しかし、USBホスト機能搭載でないとこの機能は使えないので、古いAndroid4.1時代の私のスマホはだめだった。(^^ゞ

タブレットでPC環境

 しかしこの使用スタイル、私には問題がある。
 日本語のかな入力が使えないのだ。AndroidはOSが日本語かな入力のキーボード機能を持っていないのである。
 だからやむを得ずローマ字入力になるのだが、ついパソコンの感覚で日本語かな入力になってしまう。(^o^)わははは… 画面のタッチキーでは支障なくローマ字入力できているのだが、なまじ物理キーボードだといつもの習慣が出てしまうというわけだ。

 これも国際化(グローバリゼーション)というやつなのであろう、かな入力や親指シフトは日本固有の絶滅危惧種であり、21世紀登場の最新機器では見捨てられている。(ToT)

 しかし、腹が立つのはグローバル化を推し進める連中が、より良いものを標準にするのではなく、一般的であるというだけで、悪いものを正しいとする傾向があることだ。たとえば「日本人はすぐ謝るからいけない」とか言って、対応の変更を迫るが、海外だって友人には、「アイムソーリー」である。良い人間関係を作ろうとすれば、自分から頭を下げるのは国際標準である。日本が島国の中で培ってきた文化は、狭くなった世界では、これから国際標準に成らなければならぬのだ。(^o^)わははは…

 さて、 日本人は日本語は捨てられないし、Androidも「かな入力キーボード」をサポートして欲しいな。世界にはいろいろな言語の人がいるのだし、音声入力の技術に比べたら実に簡単なことだと思うのだ。(^^)/
関連記事

コメント
この記事へのコメント
親指シフトはグローバル化できる
親指シフトが国際的でない理由は,キーボードにひらがなが割り振ってあるからにすぎません.親指シフトキーボードのひらがなを他の言語の文字に書き換えれば外国でも使えるようになります(実現性が不明).タイ語・中国語・台湾語・ビルマ語・ヒンディー語・シンハラ語・アラビア語・ベトナム語・フランス語などは,親指シフトキーボードを導入することで,格段に入力がしやすくなります.
2017/06/08(木) 20:38:25 | URL | メイドインワリオファン #-[ 編集]
理屈はその通りだが(ToT)
 電子機器のインターフェイスはオペレーションシステムに握られているので、キーボードを繋ぐにはオペレーションシステムが対応できなければなりません。パソコンやワープロ登場期は日本語入力も日本の会社が開発・制作して製品に付けていたのですが、今ではほとんどアメリカ企業から提供を受けている状態です。ドライバーやエミュレーターが提供とされなければ、キーボードが繋げられてもどうにもなりません。(^^ゞ
 さらにiOSやAndroidは、日本語や各国語に対応したキーボードを利用者が勝手に繋ぐことが想定されていないのです。これでは良いアイデアが有ってもどうにもなりませぬ。(ToT) アメリカ人は母国語をそのまま入力できるのに日本人は頭のなかでローマ字変換をしないと入力が出来ないのです。日本語は表現の多彩な言語ですが、文章を作るのには英語圏の人々に比べて大きなハンディを持つことになりました。
2017/06/10(土) 08:15:57 | URL | 瓢鯰亭 #M77/9sHk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック