早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
奄美旅行の立案過程
2017年01月25日 (水) | 編集 |
 記憶のために表題のことをメモしておこう。(^^ゞ
発端は、昨年12月に旅行のPLANを探して、下記のホームページで、[ +さらに条件を追加→こだわり条件→旅行タイプ→ひとり旅 ]という検索項目を見つけたことだ。

 Travel.jp→  http://www.travel.co.jp/domtour/

 旅行会社のPLANはお徳用なのだが、だいたい二人一部屋からが多い。一人一部屋を条件にすると、多くの商品の中から探すのが容易では無いのだ。しかしこの検索項目があると探しやすい。最近は友人と行くときでも、寝るときぐらい自由にさせてという人が多いのだ。(^^ゞ 

 その結果、H.I.S.の初夢フェアで「オトクに奄美大島3日間 一人一室20,800円/人」というPLANを見つけたのである。これは安い。奄美大島といえば、沖縄の隣でめったに行けるところではない。常識的には半額以下のプライスだ。
 なぜ安いかといえば、成田発のバニラエァだからであろう。バニラエアは全日空系のLCCで空席数の状態で毎日運賃が変動する思い切った料金設定だ。そして最安シートの「わくわくバニラ」はこの時期の奄美大島線では四千円を切ることがある。ただし直接購入すると変更やキャンセル不可。

 バニラエァ→  https://www.vanilla-air.com/jp/

 宿泊は、ホテルニュー奄美であった。中心市街の繁華街にたつビジネスホテルである。朝食のバイキングが豊富で良かったし、飲み屋さんやコンビニが便利で有り難い。 

 ホテルニュー奄美→  http://www.newamami.com/

 成田空港には、東京駅からの高速バスを利用した。八重洲南口前のバス停から、バニラエアの鉄道では不便な成田第三ターミナル前まで走ってくれて千円である。20分おきに出ているし、ネットで指定席が取れる。帰りは乗ってから車内で切符が買えて便利。

 THE成田アクセス→http://accessnarita.jp/

 奄美では、奄美レンタカーの「旧型・格安レンタカー」を借りた。免責保証込みで、軽がなんと2,600円/日、空港店の他に上記ホテル前に店があって、ホテルの割引が受けられ乗り捨てもできる。マーチを2日間で5,600円で借りられた。これは半額以下だな。(^^ゞ

 奄美レンタカー→ http://amami-rentacar.com/cheap.html

 H.I.S.はメール添付でPDFフアイルを送ってきただけで、チケットはPDFに書かれたコードを、成田の自動発券機に入力して取り出す。ペナペナの感熱紙のチケットはちと不安だったな。(^o^)わははは…
 しかし奄美大島のシーズンオフは安くて快適。なかなか良かった。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック