暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
しばらく時代は逆転する
2017年02月08日 (水) .
 20世紀後半の世界は、現実はともかく、意識としては前進と思える時代だった。世界は平和と融和を目指していた。しかし21世紀に入って、その軌跡を見ると、しばらくは歴史は逆転の姿を見ざるを得ないようだ。いまや世界中で自国・自分の利益だけで判断する風潮が蔓延し始めた。建て前や理念が通用しなくなり、本音といえば聞こえがいいが、要するにワガママが大手を振って歩き始めている。
 2001年の9・ 11事件にブッシュ米大統領が宣戦布告で答えたことが、その後の流れを変えた大きな転換点になったようだ。武力が当然のように使われ、その影がいろいろな問題を通じて、先進諸国に還流し、国民の意識を暗いものに変えてしまったように思える。結果として政治も「わがままを言える政治家」が権力を握るようになっているのだ。
 おそらく21世紀の前半は、こういうギスギスした社会が拡大していくのではないか。20世紀のように転換のための大きな不幸を必要としなければよいのだが。(ToT)

 さて、日米関係では、いよいよ安倍・トランプ会談も迫ってきたが、日本国民にとってあまりいいことはなさそうだ。トランプ氏はあの性格だから、にこやかに会談したとしても、取るものは取る、友情と商売は別ということになろう。友達として真摯に説明すれば判ってくれるという相手ではない。プーチンだって、習近平だって、同じことだ。彼らは自国民に理解できる結論を得たいと考えている。自国民を第一に考えていないのは安倍首相ぐらいのものだ。(^o^)わははは…
 NHKのニュース解説でも、「相手のメンツを立ててあげる事が大事」などと言う解説者が出ていたが、寄って立つべき基盤を持たず、ただ上手くやろうとしか考えない欲得の立場では、結局相手の正直なペースにハマるだけではないかと不安になるのである。(^^ゞ

 こういう時代だから、しばらく日本は翻弄されるに違いない。身の回りの世界だけで呑気にしていられる時代でないことだけは確かである。( ゚Д゚)ふぇ~
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック