毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
資産運用の自動化
2017年02月16日 (木) "
 人工知能が人間に勝るといった話題がアチラコチラに出始めているが、資産運用を自動化するシステムが登場してきたので試して見ることにした。ロボットアドバイザーなどと呼ばれてもいるようだが、人間に変わってロボットが投資プランを作り、提案し、運用もしてくれるようである。ある程度本格的なもので、使いやすい物を探したら「ウエルスナビ」と「楽ラップ」が良さそうであった。
 ウエルスナビはアメリカの定番ETFで運用する。これに対し楽ラップは国内の投資信託で運用する。どちらもラップ口座と呼ばれる一括一任契約で、契約した運用方針に従って、自動的に売り買い・リバランス等を行ってくれ、これらに必要な年間手数料が総額の1 %以内で済む。自分でやってもよいのだが、たとえばアメリカのETFを資産運用すると、ドル円の両替やETFの購入手数料と其の手間は馬鹿にならない。運用資産百万円だと手数料1%は一万円だから安くはないのだが、おまかせで考えずに米国内での資産運用ができるのは便利といえる。一方、楽ラップは国内投資信託なので手数料は少々安いが、この程度なら自分で管理したほうが合理的にも感じられる。

 さて、肝心のロボットによる資産運用だが、ウエルスナビの場合、これは大したことは無さそうだ。いままでの定番方針どうりに運用するだけのようである。特別な有望株を見つけたり、今後の景気動向を予測して事前に手を打つようなことは、まだ出来ないようだ。人間の迷いや不安に関係なく、淡々とセオリー通りの運用をするというのが、自動運用のメリットであるように思われる。
 すでに、日米の株価も高いところに来ているし、いつ円高になるとも判らない情勢だから、新規投資を始めるには不向きな時だが、契約してみて、ロボットのお手並みを拝見しよう。(^^ゞ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック