暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
さるのつるし雛
2017年03月04日 (土) .
 3月3日は福島県飯坂温泉を訪問した。街の中心部、鯖湖湯の側に地元名家の堀切家の住宅を利用した観光用公共施設が作られていて、時節柄ひなまつりの展示がされていた。持ち寄られた雛のうちに大量のつるし雛が有った。地元の婦人会の作品展示であろう。(^^) つるし雛は、小さな手作りの人形を皆で持ち寄って、子供のために飾る庶民のささやかなひなまつりである。狭いところでも飾れるし、揃いでなくても良いので、最近は随分流行っているようだ。

サルのつるし雛

 いろいろ雛の種類のある中で、写真はサルのつるし雛。サルは災いが去ると言う事で、お年寄りが手作りしてお地蔵様のお堂に飾るなど、ひな祭り以外でもあちこちで見かける人気のアイテムである。
 「さるぼぼ」とも言うようで、ぼぼは赤ちゃんの意だそうだ。だから色は赤く腹掛けやちゃんちゃんこを着ていたり、烏帽子をかぶっている。いろいろの願がこもっている優しい人形なのである。(^^)/
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック