松本は草間彌生を発疹中

 午前中は安曇野でいわさきちひろ美術館を見て、午後は松本へ移動した。連休なので観光客が多く、人気の少ない方へ歩いた。行き着いたのが、松本市立美術館である。前庭にはこんなものが…。
草間彌生作品
     草間彌生作品《幻の華》

 草間彌生は松本の資産家の娘で、地元の世界的芸術家である。
 今は、国立新美術館開館10周年記念で草間彌生の総括的展覧会が開かれているが、私が若い頃はヒッピームープメントの時代で、草間彌生とかオノ・ヨーコとかはアメリカでずいぶん話題になっていたようだが、国内では「日本の恥」的な扱いであった。
 しかし、いつのまにやら尊敬される大先輩になってしまった。(^o^)わははは…

 一種の熱病のような変化であって、近代的で無機質なガラス張りの松本市立美術館の建物もこんな事に。(^o^)わははは…
松本市立美術館は発疹中

 市内循環の小型バスまで、赤い水玉模様で走り回っていた。
 芸術はもともと狂気を含み、草間ワールドは現実と妄想が織りなす「お医者さん公認の病気世界」だと聞いたこともあるが、こんなに大胆に展開しちゃって大丈夫?(^▽^ケケケ …

 さてこの後は、信州大学跡地の県の森公園に現地保存された木造の旧制松本高校の本館と講堂を見て、帰途についた。

 途中、塩尻で下車して、午後五時の「山賊」開店に並んで念願の山賊焼きを食し、お持ち帰りで店の名物鳥もつ煮を入手して、塩尻18:25発東京方面富士見行き普通列車に乗車→富士見・大月で乗り換えて→東京駅行き直通電車で都内まで帰る。帰宅は23:18であった。
 前日の23:00発ででかけ、新宿駅23:54のムーンライト信州81号で、安曇野に向かい、夜明け前の信濃大町の街歩きからはじめたので、24時間フル活用の青春18きっぷ旅であった。(^^ゞ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)