早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
意外と良かった駅近「塩山温泉」(^^)/ 
2017年04月16日 (日) | 編集 |
 花見のハイキングから塩山駅まで戻ってきても、春は日が伸びていて明るいので、駅前の塩ノ山を登りに行った。塩ノ山は標高554mの小山で古今和歌集にも歌われる古来よりの名所である。
 麓の塩山温泉を歩いていいたら、公衆浴場の看板が旅館の駐車場にあった。塩山温泉は立ち寄りや日帰りの湯が無いと思っていたので、これは意外であった。
よく見ると駐車場の奥の建物の隙間に簡単な靴箱とスノコがある。近寄ると受付のおばさんがいた。聞くとここは鉱泉だから源泉は冷たいけれど泉質は良いですよと言う。値段は400円。
 まあ、先ずは山登りを考えているので、先へ進んで、名刹向嶽寺裏から登頂。麓からはわずか140m程であるが、扇状地に残された独立峰なので、四方の見晴らしは良い。なんでも四方から見えるので「しほのやま」、これに向嶽寺の開山和尚が塩の字を当て、塩山向嶽庵と寺の山号を定めたので(1380年)、地名が塩山になったようだ。(^o^)わははは…
 さて、下山後先程の公衆浴場へ。

塩山宏池荘のお風呂場

 みすぼらしい入り口なので心配したが、入ってみると立派である。
 入り口は宏池荘という温泉旅館の建物の隙間で、温泉はこの旅館の別棟大浴場そのものであった。
 写真の手前が源泉浴槽で、奥の大きいのが加熱浴槽である。
 シャワーで湯がけをするとびっくりである。肌がヌルヌルとしてウナギを触っているようだ。かなりのアルカリ美肌の湯である。加熱浴槽は循環・加熱・殺菌のせいか、温泉感はないが、ここで体を温めてじっくり源泉槽に浸かると良いだろう。30分ほどかけて数度「冷⇔暖」入浴を繰り返したら、心地よい疲労感が体を包んだ。19時に退出したが、この間貸し切りであった。そしてこの時間で外来入浴は終了のようであった。いや~ありがたかったな。お気に入りの湯になりそうである。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック