毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
沖縄旅行のメモ
2017年04月30日 (日) "
今後の計画のための備忘録

きっかけは、1月に格安運賃の予約を取ったこと。「わくわくバニラ」という格安席でキャンセル不可なのだが、とにかく安い。、

■運賃
  バニラエア運賃  成田-那覇 片道2,380円×2
 だったのですが、
  旅客サービス施設使用料-国内線 380円×2
  支払い手数料 600円×2
 がつくので、結局 往復で6,720円になりました。
 出発が17:55成田発-21:00那覇着予定
帰りが09:55那覇発-12:30成田着予定
 行きは空港発着混雑で30分遅れて飛行、帰りは20分早かった。

■レンタカー
 調べると沖縄は地元のレンタカーを三日間借りると安い。
 飛行機が夜遅く到着なので、翌日朝から借りることにして、宿泊ホテルの近くの店に決定。
タイムズ カーレンタル 那覇久米店
〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-11-3
 ・軽クラス3日間 7,310円 (免責保証込み・入会特典で100円引き)
  車はダイハツのムーブ。

■宿
1日目
ザ キッチンホステル アオ 
2158円 (税込・早割45はキャンセル不可で特に安い)
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1-4-1
ピザ屋が兼業するカプセル式ホテルで、仮設風だが新しく、県庁市役所に近く、国際通りの始点で、モノレール駅からすぐと立地が良い。
そして、夜遅くまでチェックインできるのが決め手。

2日目
素泊の宿 かめかめ
2200円(税込み・6畳和室)
〒905-0425 沖縄県国頭郡今帰仁村与那嶺555
 本部半島の道路沿いに有り、田舎町だが両隣に食堂等あり至便、トイレ・シャワーは別棟になっており、一階にはくつろげる共用空間もある。
 建物は沖縄サミットの時の警察のプレハブ宿舎を移築したもの。
 部屋に女将さん手作りのガイドブック有り、これが面白い。
 気ままなおじさんの長期滞在に良さそう。

素泊まりの宿 かめかめ

3日目
ゆがふの郷
3500円(洋室・シングルベット)
〒904-2316 沖縄県うるま市勝連比嘉1527
 うるま市の海中道路を渡った浜比嘉島の南端集落で道の果てる所。
 家族連れ向きの安心宿

4日目
KARIYUSHI LCH.Izumizaki 県庁前
3770円 (早割45・消費税込)
〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1-11-8
1日目の宿と目と鼻の先、一階がローソンでロビーから出入りでき至便。設備が新しいホテルで、部屋は狭くシングル専門、シャワーとトイレが組み込みだが其の上がベッドになっているロフト形式で、部屋の作りが面白い。(^^ゞ しかもベランダが有りガラス戸を開けて外に出られるのがグッド。
 ちょっとおしゃれでセキュリティが厳しいので女性の一人旅向きか。
 翌日は午前中に帰りの飛行機に乗るので、交通至便で繁華街に近い落ち着く宿にした。

■その他
・成田空港へのアクセスは、東京駅八重洲口からの高速バスが便利、予約無しで行ってスイカで乗れるので、行きも帰りも待つ必要がない。特にLCC用第三ターミナル利用には終着始発停留所なので最適。
・那覇空港のLCCターミナルは、滑走路北端の貨物ターミナルに間借りしている。空港ビル正面から連絡バスに乗るのだが、案内が無く判りにくい。余裕を持って移動する必要有り。
・沖縄の安宿は風呂なしシャワーのみの国際派である。
・沖縄には、バックパッカーがたむろして、食事も皆でシェアしたり、スタッフのまかないで食べたりして、そのまま宴会になるというような、昔からの「若者宿」スタイルの宿がたくさん残っているようである。今回は遠慮したが、たっぷり時間をとって、こういう宿で旅に居る事自体を楽しむ旅行をしてみたいものだ。(^^ゞ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック