暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
腹が立ったので期日前投票へ
2017年06月30日 (金) | 編集 |
 腹がたったので期日前投票に行ってきた。(^o^)わははは…
 もちろん自民党にお灸をすえるためである。政府の要人なのに、あまりにも公務の自覚がなさすぎる。田中角栄だって中曽根康弘だって、表向きはちゃんとしていたぞ。
 その他に実は私憤もある。…公明党である。石原・猪瀬・舛添とずっと与党だったくせに、人気の小池にさっさと鞍替えして、正義の味方の顔をしている。何処で調べたのか昔の職場で多少は知っていたような顔をして私に支持依頼の電話をかけてきた。で、これがシツコイ。折伏のプロであろう。(^o^)わははは…
 テレビを見ると、テレビは小池知事と都民ファーストの会を自民党と対比して随分と持ち上げている。改革の旗手の扱いだが、これは都知事選で「都民の声を聞く」という看板が成功したのでそれを引き継いでいるだけであろう。視聴者が求めていた政策だが、マスコミがそれに批判もなく追従していけば、まだ腰の座っていない民主党を政権の座につかせたのと同じ轍を踏んでしまう。
 今の都民ファーストは日和見主義の集まりだろう。
 あれこれ腹が立つので、待ちきれなくて、出かけたついでに、つい期日前投票に行ってしまった。(^o^)わははは…

 しかし、救いもある。心ある人たちが声を上げ始めていのだ。自民党の元大物たちが現在の自民党のやり方を批判することは珍しくなくなったし、元高級官僚が事実を吐露する事態も起きた。昨日は共産党の宣伝カーに元公明党の副委員長二見伸明氏が志位委員長と一緒に乗っていた。昔、党のNo2として、テレビ番組で盛んに激論を交わしていた二人が、同じ宣伝カーに乗るとは驚きである。公明党の元幹部が党に反旗を翻すことも珍しくはなくなった。それだけこれらの組織の変質が目に余るということなのであろう。一生をかけた組織に異議を唱えるなどなかなかできるものではないと思うのだ。( ゚Д゚)ふぅ~ そしてこれらの人たちが信じているのは、われわれ一般大衆が理解し支持して行動してくれるという確信なのである。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック