早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
白身魚の正体は(^o^)わははは… 
2017年07月02日 (日) | 編集 |
 今日のランチは白身魚のソテー蕪添にしてみた。

パンガシウスのソテー

 スーパーで骨取り白身魚のしそ風味オイル漬けが半額で、長さ20cmの半身が三枚入って税込み150円。まずはお試しである。フライパンで焼いてみると、柔らかくて癖がなく食べやすいが、これといった特徴もなく、調理料のしそ風味が立ちすぎるので私にはやや不向きだった。この魚の正体は何かと思って、ラベルを見るとパンガシウスとある。はてさてとネットを見ると、東南アジアの鯰の仲間であった。パンガシウス科というものが有って、ベトナム等で養殖され世界中に輸出されているらしい。カンボジアではバサ、ベトナムではチャーと呼ばれて親しまれている。水族館でも、普通の魚のように泳いでいる大型のナマズの仲間を見たことがあると思うが、ああいう魚のようである。
 鯰を食うのかとびっくりする人もいるかもしれないが、日本の鯰も田舎では美味でよく食べられている。天ぷらや蒲焼きにすると柔らかく淡白で名物料理になっているのだ。
 で、この味、実は以前からおなじみであることに気がついた。(^o^)わははは…
 海苔弁当の白身魚フライやファーストフードのフィッシュバーガーではないか。これまで名を秘して客演していたのが、ついに単体主役で登場しただけであった。たぶんこれからもお世話になります。ヨロシク(^^ゞ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック