毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
我が家の車は16年目
2017年07月13日 (木) "
 我が家のヴィッツは平成12年(2000年)11月14日初年度登録の初代前期型である。もう車歴16年を超えた。塗装も変色がはじまってはいるが、構造的に傷んでいるところはない。昔の自動車なら6年もすればかなり傷みが出て、十年も経てば車体には穴などが開いたものだが、素晴らしい技術の進歩である。
 このヴイッツは、発売されてから二年目ぐらいの時に新車で買った。私には珍しいことである。何故かと言うと、この車の飛躍的な進歩に驚いたからである。それまでの1000cc車といえば、本格的な車というよりは、安物であり手を抜いた造りだった。ところがこの車で車体の構造は上級車以上の強度と精度を持ち、ABSやエアバッグなどの安全装置も全車標準装備となって、一気にヨーロッパ車を超えた品質になったのである。当時の中古車では、1クラスあげてもこのレベルのものは無く、新車を買う価値があると思ったのである。(^o^)わははは…その判断に間違いはなかった。

 車種はデザイナーのオリジナリティーに敬意を払って、2ドアの最低グレードとし、クラッチ付き五段手動変速、窓は手動のハンドル式、ラジオも着けなかった。運転を楽しむためのキャビン付きスクーターとして購入したのである。これは正解でこういう車種はもう売っていないから飽きずに使っている。(^o^)わははは…
 先日は、車中泊のためにリアシートを取り外して、2座席にし、後部荷室を広くとってみた。助手席にはウオークINスライド機構があるので、助手席を前に送って乗り込むと、私の身長なら室内を斜めに寝れば、全身を伸ばして眠れるのである。これは乗車定員が変わるので正規には認められないが、一時的ならお目こぼしの範囲ではないかと願いたい。(^^ゞこのシート、この車を買う決定的な要素になった「背もたれを倒してさらに座面も跳ね上げるタンブルシート」で便利だが、畳むと前席のリクライニングは出来ないし、重量も30kgあるので、一人利用の車としては以前から気に入らなかったのである。
 この初代ヴィッツは車体重量840kgで、現在では並の軽自動車より軽量である。最近の車はヴィッツも含め軒並み1ton以上あるので困る。リアシートを外したので、発表当時の最軽量設定車の810kgにせまる重量になった。おかげで非常に気持ちよく走らせることが出来る。林道の急な上り道も実にいきいきと走る。(^^)v

 金が無い訳では無いので、あこがれのオープンカーや軽トラックのキャンピングカーなど、車の交換を考えないわけではないが、そういう車は楽しいが万能ではない。結局帯に短したすきに長しになるので、この凡庸な車が私の身の丈にあっているのは間違いない。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック