早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
薬王院の牡丹@落合・新宿 
2009年04月22日 (水) | 編集 |
 昨日の禅定院の牡丹がジャスト・タイムだったので、今日はもう少し足を伸ばして、落合の薬王院の牡丹を見に行った。残念ながらこちらは。盛りを過ぎていて、花の終わった株が多かった。この寺は豊山派なので、総本山の奈良の長谷寺を見習って、本堂へ上がる階段の脇を牡丹の花壇にしている。ここは、もう結構有名であるので、手入れにも力が入っている。沼袋の禅定院も豊山派で、この薬王院の下のお寺なので、やはり牡丹を植えているのだ。

yakuou001.jpg

 綺麗なところを一枚。(クリックで拡大)
yakuou002.jpg

 自宅から歩いてみたのだが、方角をだいたい定めて、途中の神社やお不動さんを見たりしながら歩くと、西武新宿線中井の駅に出た、中井と言えば、漫画家赤塚不二夫のたむろしていた町として最近は有名だ。ちょうど腹も減ってきたので、赤塚不二夫いきつけの洋食店「ぺいざん」でランチにする。ハンバーグとヒレカツの830円定食。
ぺいざんのランチ
 昔ながらのボリューム大盛りの洋食屋という感じで、昼下がりの時間帯だったが、ちょっと揚がり過ぎ気味のころもと、煮詰まり気味の味噌汁が昔気分を出してくれる。暫くすると結構客が入ってきて、700円の日替わりが沢山出ていた。こんどはあれを食ってみるかな。

FujioPro.jpg
 そのちょっと先に、赤塚不二夫の事務所、フジオプロがある。玄関の庇の上で、バカボンのパパが逆立ちをして迎えてくれた。

 薬王院まで、目白通りを渡って、あと数百メートルだ。薬王院の門前で万歩計を見ると、約6000歩であつた。ちょっと疲れたので、帰りは落合の駅に出て、西武線で沼袋まで戻ることにしよう。

[本日の反省] やはり花を見るなら時間が大切。まず良い時期を逃さないこと。牡丹の様な花はピーカンの天気の午後では、くたびれているので、やはり雨後の午前中を目指したい。 
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック