早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
今回のインフルエンザは練習? 
2009年05月19日 (火) | 編集 |
 今回の新型インフルエンザは、日本が多数の感染者を出したために、いよいよフェイズ6の段階になりそうだったが、毒性が弱いこともあって、社会的影響を心配して、基準を機械的に適用するべきではないとWHOを牽制する動きが強いようだ。国内でも通常の季節性のインフルエンザとして、対応しようという動きになってきた。今のままでは、対策のせいで、かえって社会的機能の低下が心配され、ひいては景気に水を差すというのが、本音の所だろう。
 こうなったら、新型インフルエンザと共存する覚悟が必要だ。私もいざとなって、気がついて、消毒用の濡れティッシュを遅まきながら買ってきました。
(^o^)ワハハハ・・・
 しかし、今度の豚インフルエンザが弱毒性で本当によかった。日本の防疫体制も、予測はされていたが、見事にスルーされてしまったようだ。サッカーで言えば、キックオフ早々に攻め込まれて、攪乱され、早々にシュートを決められてしまったという感じである。そこで慌てて練習試合に切り替えて、お茶を濁そうというところだ。

 さて、心配なのは今後アジアへ広がった後、鳥インフルエンザと交雑して強毒性になって戻ってくることだ。そのときに備えて、もう一度対策を作り直さなくてはなるまい。これが強毒性だったら今頃は社会崩壊の前夜になっていたかも知れないのがよく実感できました。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック