早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
加圧ボールペンは ○ 
2009年05月24日 (日) | 編集 |
 筆記用具の中では、私が一番嫌いなのに一番よく使うのが、ボールペンである。黒のボールペンで書くように指定されている書類も多い。何故嫌いかというと、水性のインクを使う筆記具に比べると、筆圧が必要になるし、筆先に弾力性がないし、何より味気ないということにつきる。
 しかし、必要であるので筆立てには沢山のボールペンが立っている。で、腹が立つことに使おうとすると、書けなかったり途中でかすれてきたりする。(^^ゞ
 いつも使っていればそんなことはないのだが、沢山あるから数年ぶりに手を出したりするのだ。捨てればいいのだが、貧乏性なので捨てられない。書けなくなると紐をつけて振り回したり、ボールの部分をライターであぶったりして、使えるようになると喜んでしまう。(^o^)ワハハハ・・・
 ボールペンというのは、先端のボールが軸の中のインクを粘性利用で引きずり出してくるのだが、先端から空気が入ったりすると、ボールとインクが離れてしまう欠点を持っている。インクがボールから離れないためには重力でインクが流れ落ちる必要があるが、キャップがクリップになった事務用ボールペンなどは、ついつい先端を上にしてワイシャツのポケットに放り込んでしまうのだ。
 夏の暑い現場などで、一汗かいてくるとインクが軸内を逆流して、ワイシャツを一枚駄目にしてしまうこともある。(^o^)ワハハハ・・・

 この欠点を克服した製品に、フィッシャー社のスペースペンがある。NASAの要望で100万ドルかけて開発されたボールペンで、芯の軸に窒素ガスを封入して、インクを押し出すようにしたものだ。
 アポロ11号で月に行ったそうであるし、現在も宇宙船内での標準筆記具である。このボールペンは水中でも書けるし、天井にも書ける、高熱低温にも耐えるということで、工事現場等でも使えるヘビーデューティの製品である。替え芯はアタッチメントを着けると、普通のパーカー互換のボールペンでも使えるらしいので、一度は買ってみたいと思ってはいる。

 しかし、ボールペンは沢山あるので自分で買うことは無かったし、一般の製品が、あまりに安価である。スペースペンは加圧ボールペンと呼ばれるが、実はこの仲間は国産各社でもいろいろ出てきて選べるようになってきた。安いものは三菱の Uni PowerTank がある。税込み210円で、安い!しかし、いかにも事務用デザインで買っては見たが面白くない。
 もう一つ買ってみたのは、トンボ鉛筆の AirPress である。これは加圧式ながら、替え芯は普通のボールペンと同じである。それではどうして加圧式なのかというと、ボールポイントを出すために軸の後ろのボタンを押すと、空気ポンプが押されて軸の後ろから空気を先端に向かって押し込むのだ。真空では使えないから簡易型と言えば簡易型である。しかし、こんなことで加圧式が出来るとは、目から鱗である。

 加圧式ボールペンの書き心地は滑らかで途切れることが無く大変良い。使ってみるとその違いはよく判る。上に向かって書くことなど滅多にないであろうと、よく言われるのだが、実はそんなことはない。机の上では上向きにはならないだろうが、戸外で手帳にメモを取るときなどはペン先は上を向いているのだ。壁のカレンダーにメモったりすれば完全に上向きだ。だから意外と我々はボールペンを上向きで使っている。そして、先端から空気を入れてしまっているのだ。

 Tombow AirPress
 写真は手帳にメモを取る角度の Tombow AirPress ゴムの軸に、トーションバー式の大きなクリップで個性的な外観は所有欲も満足させる。ボディの窓からは空気ポンプの作動も見せる。ちょっと遊び過ぎか。(^o^)ワハハハ・・・

>>ボールペンの歴史と進歩 1   
関連記事


コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
知りませんでした。とても、便利そうです。
これで、やっとカレンダーにボールペンで、書き込みできます。

おしゃる通り、カレンダーに書きこむときボールペンは上むきです。
いつも3件ほど書きこむと、書けなくなります。
次のボールペンを使わなくてはなりません。
それが嫌で、面倒で、腹たちますので、マジックインキで書いてます。
これもなかなか、コツがいって、強く押し付けると
暦式の実用本位のカレンダーですと、下にしみでてしまいます。

せっかく、だから、近所の文具店でなく、池袋の伊東屋で買おうかな(笑)
2009/05/26(火) 07:08:37 | URL | ロッキー&マーフィー母 #-[ 編集]
宇宙筆
 ご子息に言えば、頂き物のフィッシャーのspace penは有るかも知れませんよ。そう高価でもなく、もったいが付くので、結構出回っているようです。(^o^)
 無ければ、おみやげをおねだり。ワハハハ・・・
2009/05/26(火) 11:14:39 | URL | 瓢鯰亭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック