毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
GM破綻と世界経済
2009年06月05日 (金) "
 いゃ、ホントにやっちまった。ゼネラルモータースが破綻するなんて、ベルリンの壁崩壊に匹敵する「まさか」です。シボレーは子供の頃からの自動車の代表でしたが・・・
 GMが破綻しても、世の中は意外と平穏です。ニューヨークの株式市況も、破綻は織り込み済みということで、この日も景気よく上がりました。解説に寄れば、不安定要因が決着を見たのが好感されて・・・。まあ、言い様はあるもんだ。
 しかし、二月頃のこれからどうなるのかという、不安感は影を潜めて、在庫が減ったとか、生産減少に下げ止まりとか、そんなことが経済好転の材料として語られていますが。それで良いのか。
 景気に悪くなって欲しい訳ではないのですが、(^^ゞワハハハ・・・、実体経済はまだまだ悪い方向に転げ落ちている所ではないのでしょうか。
 GMの破綻だって、これから具体的に、会社を潰して、みんなで損をかぶりましょうということが、合意された訳で、人員削減や工場の閉鎖、未払い金の損切りと、悪いことはこれから起こるのでしょう。これまでにアメリカ政府がつぎ込んだお金もパーになって、国有化されたことで、まあ、赤字破綻した日本のJRや郵便局と同じ状態になるわけですね。
 まだ、経済見通しに織り込まれていないGM破綻の影響がこれから出てくると、その影響は大きいでしょうし、それにともなって金融業界の破綻だって、まだまだこれからかも知れない。
 あのサブプライムローンの問題だって、ささやかれ始めてから、それが現実の問題になるまで、一年以上の日数がかかっていて、まだ進行中なのだから・・・、とても経済が底を過ぎたなんて思えないのです。二月頃のあの先の見えない崖っぷちは、いつ目の前に現れるか判らない。そんな中でニューヨークの株は上がり、東京の株も上がっている。
 ちょっと怖いじゃありませんか。(^^ゞ
 まあ、我々には、だからどうすると言うことも出来ない訳ですが。

 (V)。\。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック