早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
広島・長崎でオリンピック 
2009年10月11日 (日) | 編集 |
 広島が、長崎と組んでオリンピック招致に乗り出すそうだ。東京の立候補には反対だった私だが、これは良いんじゃないかと思う。何より大義がある。核兵器の廃絶を2020年を目標として、その記念大会を開こうという提案なのだから、打ち出したこと自体が立派だ。
 オバマは核廃絶を長期的な目標として努力を誓ったのだが、期限を設けるところまでは踏み込めなかった。しかし努力には目標が必要だ、難しければ難しいほど、目標の設定とその第一歩を踏み出すことが大切なのである。その為には失敗を恐れてはいけない。
 この目標なら、日本国民も政府も、そして世界中の心ある人々の希望をまとめ上げる一石になる。そんな可能性がある。(^^ゞ

 なぜ、東京に反対だったかと言えば、東京にはもっとやるべき事があり、多くの意見を聞く必要があるのに、既定事実を作って、ブルドーザーで反対意見を押し潰していくような意図が丸見えだったからだ。東京はオリンピックに向けて貯め込んだ4000億円を、医療や子育てにこそ、今吐き出す必要があるのではないか。

 しかし、今の国会や都議会だったら、板橋の豊島病院や養育院も都立で維持できたのに・・・、いやぁ~ちと遅かったなぁ。(ToT)トホホホ・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック