毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
財布の中身はどの位
2009年10月14日 (水) "
 財布の中身はどのくらい入っていれば安心なのだろうか。(^o^)
 若い頃は、現金支給の給料をそのままつっこんでいた。初任給で8万ちょっとだったから、銀行に行って預けるほどで無かったし、銀行が開いている時間は3時まで、なんて時代じゃなかったろうか。カードなんてものも無かったから、全部現金払いで、とにかく沢山持ち歩いていないと、安心できなかった。物価が上がって給料が増え、カードも使えますという環境が整のい、平和相互銀行が夜7時までやってますという時代になっても、10万を切った位を財布に入れておいた時代は長かった。
 給料が、銀行振り込みになってしまって、持ち金は減ったかも知れない。補充をしないと無くなってしまうからだ。給料日前に卸しておかないと、会費と称する様々な集金が来るので慌てるようになった。
 さらにコンビニで24時間下ろせるようになって、財布の中身は多い時でも5万円を切ったのかも知れない。
 最近は、リタイヤして自宅周りをウロウロするだけだと、2万円も入っていれば心配ないが、ちょっとした支払いが来る度に、ATMのお世話になる。(^^ゞ

 先日立ち読みをしたところによると、林望の本だったが、けちに暮らすのには、3万4千円の持ち金が良いそうである。3万持っていれば、まあ安心なのだが、4千円あればその3万円に手を付けないように頑張るんだそうだ。
 まあ、先日のテレビでも、「最近の贅沢は?」と聞かれた女性が、答えて「そのときお財布に入っていたお金で買えたから、いいかと思って。」と弁解していたが、財布に現金を入れておくことは、浪費の危険は確実に増す。お金は使うと楽しいので、ドーパミンが出てしまう。(^o^)ワハハハ・・・
 万札を崩さぬように頑張ることは、節約の第一歩かも知れない。

 最近活躍しているのが、カード支払いである。近所のスーパーがカード対応したので、毎日の支払いは、カードになって財布の中身を減らさない。
 カードは借金の基と言うことで、これを持たない人は私の身の回りに何人もいるが、最近はカードでなければ支払えないような物も増えてきて、よく頑張っているなと思う。カード支払いには記録が残り、インターネットで確認も出来るので、何時いくら使ってしまったか判らない現金払いより、最近は安心して使っている。しかし、財布より小さいだけに、ついシャツのポケットに放り込んで、脱ぎ捨ててしまったりして、カードが所在不明になり、落としでもしていたら大変だと、それだけは何時も不安を感じている。(^^ゞ
 
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック