早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
昔のフイルムのデジタル化 
2009年12月04日 (金) | 編集 |
 この一ヶ月ほど欲しくてそわそわしている品物がある。
 キャビン工業のフィルムスキャナーコンパクト フィルムスキャン35 (CFS-2.5)である。
 これは、スライドビュワーにデジカメを合体させたようなもので、昔のデュプリケーターと呼ばれていた品である。ネガフィルムをデジカメで再撮影するので、パソコン無しで、メモリーカードへどんどん保存できる。お手軽なフィルムのデジタル化が可能だ。
 値段がおもちゃであるので、過大な期待はすべきではないが、昔の白黒写真をパソコンで鑑賞するには支障のない能力があるようだ。なによりあの時間のかかるスキャン動作やパソコンへの転送がないのがよい。ネガの反転ビュワーとしても使えそうだから、フィルムの整理用と割り切っても良い。
 過去のフィルム資産をデジタル化する道具として、満足できる品が初めて登場した気がする。これは私の待っていた品物であることは間違いがない。
 だが、まだ手を出さないでいるのは、フイルムのデジタル化に手をつけると、またまた多大な時間をこれに費やしてしまうのが、目に見えているからだ。
   (V)。。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・
 それに、この製品に類する品物が出てから、まだ半年、もしかしたらもっと良い品が出るかも知れないと、ちょっと様子を見ていたい気もしているのだ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック