瓢鯰亭日乗

一気に暑くなりましたね。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。

Entries

平潟港でどぶ汁

 今年は良いことが無いと嘆くAさんから、美味しい物を食べに行きたいと声がかかった。車なら俺が出すよとBさんが言う。それでは私が計画を建てましょうと言うことで、そろそろ季節のアンコウを食べに行くこととした。(^^ゞ
 以前から気になっていたのであるが、「西のふぐチリ、東のあんこう鍋」というぐらい鮟鱇鍋は有名なのであるが、東京ではあまり美味しい鮟鱇鍋に出会ったことがない。以前調べてみると鮟鱇の産地には「どぶ汁」という特別な鮟鱇鍋があるという。それを知った10年ほど前から食べたいと念願していたのである。

 「どぶ汁」とはどんな鍋なのか、まずは土鍋でアンコウの肝をから煎りします。肝の油が出たところであんこうの身を入れます。焦げ付かないように、時々混ぜます。あんこうの水分が出たところで、10分位煮て、下ゆでした大根などを入れて、酒と味噌で味付けし最後にネギを散らして出来上がり。つまり水や出汁を足さずアンコウの水分で煮る鍋なのである。(@o@)ホウホウ・・・

 このどぶ汁は何処で食べられるのか、次の駅は福島県という茨城の北端に平潟港という小さな漁港がある。アンコウの水揚げで、有名な港だが、どぶ汁はこの港の猟師達が、船上で食べていた料理で、新鮮な材料を大量に使うため、この一帯の民宿や料理屋でしか食べられないようだ。

 東京を朝の9時に出て、平潟港まで高速道路で3時間、予約をしていた港に面した「篠はら別館」に到着したのは、ちょうど12時であった。そして、用意されていたのが、このどぶ汁である。(^o^)ワハハハ・・・
平潟港のどぶ汁

 韓国チゲのような色だが、辛くはない。この色は鮟鱇の肝と味噌の色である。大量のアンコウが身だけではなく骨も皮もたっぷりと入って、濃厚な鮟鱇の肝の汁で味付けされている。プリプリのコラーゲンの骨と皮が特に旨い。最後に雑炊にしてもらって平らげた。実はこの雑炊が一番旨い。鍋は雑炊を食べるための儀式みたいな物だ。(^o^)ワハハハ・・・満足満腹。
 刺身や煮魚の付いた定食もあるのだが、どぶ汁だけにしておいて、正解である。茨城県は食べ物の量が多いのだ。

 さて、この平潟港は岡倉天心が住居をかまえ、横山大観や菱田春草等の英才が集って、画業に打ち込んだ芸術の地、五浦半島の北の付け根にある。そして彼等が惹かれた美しい海岸が広がっている。六角堂や日本美術院の跡等、これらの史跡を見て、県立天心記念五浦美術館をみた。この美術館は外観はシンプルだが、内部は上手に木質系の材料を使った実に気持ちのいい美しい建物である。
 最後に温泉の「天心の湯」で締めくくろうと思ったのであるが、何と廃業閉店していた。9月末で廃業したようである。海藻風呂や泥湯を備えたユニークな風呂と聞いていたのに残念である。

 そこで、東京方面に少し戻って、鵜の岬の「うららの湯」へ行くことにした。ここはロケーションが最高の立ち寄り湯である。四時ちょっと前に到着すると券売機の前に、沢山の人が待っている。混んでるのかと思ったが、券売機は空いている???、変だなと思いながら1000円の券を買おうとしたら、係の人が教えてくれた、「あと五分ほどすると500円になるんですよ。」(^o^)ワハハハ・・・ 夕方からは地元民価格なのね。
 小高い岬の上に立てられた「鵜来来の湯」は、二階が風呂場で、五浦から繋がる海岸線が一望できる露天風呂がバルコニーにある。1階にはリーズナブルな食事どころもあって、良い立ち寄り湯だ。ただ、管理がしっかりしているので、お湯もしっかり消毒されているようで、独特な温泉感がなく健康センター的である。ちと残念。(^^ゞ
 うららの湯の出発は5時になったが、すぐ高速に入れるので、東京に帰るなら8時には到着できるだろう。

PS フジテレビの「くいんん坊!万才」で「平潟港のどぶ汁」の放送があるようです。
  12月28日(月)9時54分から6分間のショート番組です。
関連記事

*Comment

 

●結構な旅ですなあ。どぶ汁は知らなかったですが、東京で食せる鮟鱇鍋でもそこそこ濃い気がしますから、凄いのでしょうねえ。念願リストに入れておくことにします。
●たまたまいま、電車内用の小説本で岡倉天心がこの地に移った話や、野口雨情の出身地というような話を読んだばかりでした。竹内文書とか皇祖皇太神宮とかも、この辺りなのですね。
●これもたまたまですが、この週末に中野で「東京の」あんこう鍋を囲むことになりました。美観街の東側で飲食屋が並ぶ例の通りにある「えん屋」という店。店頭というより店の外壁沿いにトロ箱入りの食材を並べたりして気になっていた店です。
  • posted by Maco 
  • URL 
  • 2009.12/24 12:17分 
  • [Edit]

行きたい所はいろいろ 

 鍋の中身は銀杏切りにした大根が少し以外は、全てアンコウですから、大満足です。しかし途中で野菜が欲しくなります。(^^ゞ どぶ汁風アンコウ鍋という折衷メニューを出しているお店もあるので、この辺が野菜も入って一番旨いのかも。
 磯原に皇祖皇太神宮があり、そばを通りましたが、あまり気にしてませんでした。キリストの墓がある十和田湖近くの集落のそばを通ったこともありますが、寄っていません。
 このへんに興味を持つと、いやはや桐が無くなりますな。      (V)。。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・
  • posted by 瓢鯰亭 
  • URL 
  • 2009.12/24 15:50分 
  • [Edit]

Merry Christmas!! 

クリスマス・イブですね!
サンタさんは、私に何をプレゼントしてくれるのかしら?
お金、愛、お金、健康、お金、幸福、お金・・・
と、願い事ばかりしている・・七夕の行事と化しています。
「どぶ汁」のコメントとは全く関係無しですが、
とにかく今日は、クリスマス・イブ。
メリー・クリスマスv-274
  • posted by ホットゆず 
  • URL 
  • 2009.12/24 20:42分 
  • [Edit]

Have a nice day ! 

 例のごとく夜中に目が覚めて、夜食などつまんでいたので、サンタクロースは現れませんでした。「よゐこ」の所だけ廻って帰ったようです。  (V)。。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・
 最近になって、幸運という物はそこいら中に転がっている物なのだと言うことに気が付きました。ただ、これを掴む事が難しい。ここぞと思って手を握ると、手の中にあるのは「貧乏くじ」です。(^▽^ケケケ
 さて、今日こそ本当のクリスマスの日。
 メリークリスマス。v-274
  • posted by 瓢鯰亭 
  • URL 
  • 2009.12/25 14:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

space

タグbyひょうねんてい

 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#読書 #手帳 #温泉 #糖質制限 #デジタルライフ #カレー #珈琲 #宗教 #民家カフェ #写真 #記憶力 #ライフログ #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事の一覧

管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計

ブログ内記事の検索

ひょうねんてい掲示板

たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★

飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)

by ひょうねんてい にちじょう