早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
PCの新時代?! 
2009年12月28日 (月) | 編集 |
 なにやら、海外の方で新しいコンピューターの登場の噂が飛び交っている。アップルコンピューターが新しい製品を来月発表するというのだ。
 12月5日に「携帯電話といえば、電話機能よりは、インターネット端末としてのほうが魅力的に感じていて、Appleのiphoneに大いに惹かれていたのも事実だ。パソコンの創世期にアラン・ケイがダイナブックとして提唱した未来のコンピューターにかなり近いところまで、iphoneは来ていると思う。」と書いたのだが、噂の製品はiphoneを大きくしたようなタブレット・コンピューターだというのだ。(この情報でアップルの株価は最高値を更新した。)もし、そうなら、それこそ「アラン・ケイのダイナブック」かもしれない。
 本を読みノートをつけるように、自然な動作で使え、あらゆる情報にアクセスできる一枚の紙のようなコンピューターへの変革の第一歩が始まるのかも知れない。

 今回の新製品が期待はずれだったとしても、キーボードの付いたパーソナルコンピューターというものは、もう滅びる寸前だと思っている。ありとあらゆる物にコンピューターが入り込み、人間の先回りをして世話を焼いている。コンピューターが今のような機械然とした顔で、人間の操作を待っていて良い訳がない。
 次世代のコンピューターはもうどこかでできあがっているのだろうか。

 ところで、アップルのタブレット・コンピューターがどんな物になるか、周りが気にして、嘘の情報をいろいろ出していくれている。そういう物を見ると、どんなコンピューターが望まれているか、なんとなく判るから面白い。
一例を貼り付けておく。ここまでの文章を読んでなんのことか判らなかった人も、これを見れば判ってくれるだろう。(^^ゞ


 こういうコンピューターで、今朝の新聞を買って読み、ニュースを動画配信で見る時代が、直ぐに来るのだろうな。空恐ろしい気がする。(V)。。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック