毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
国保検診と足の痛み
2010年02月01日 (月) "
先日、国民保険特定検診の結果を聞きに、近所の医院に行ってきた。女医先生の言うには、「数値は全て正常値の範囲に入ってますから、良いですね。摂生してますね。(^o^)」
 で、私が言う 「しかし、先生。目は老眼で、頸椎・腰椎に異変、肩こり、座骨神経痛と問題だらけですよ。(ToT)」
 女医先生答えて曰く、「これから、ますます増えてきますよ、上手に付き合うことですね。(^o^)ほほほ・・・」
 ・・・どうも、そういう、ものらしい。(^^ゞ やれやれである。

 織田信長が「人生わずか50年」と言ったが。神様は耐用年数長くて50年で、人間を設計したのであろう。もう、そこいら中にゆるみやガタが来てしまった。しかし、あと何十年かはこのポンコツを騙し騙し乗り継がねばならぬ。(^o^)ワハハハ・・・

 さて、左足の痛みと付き合いだして、数ヶ月になるが、いろいろ分かってきた。朝起きて立ち上がると、身体が起きていないので、ヨタヨタするが。この時一番痛む。洗面所で中腰になるのが辛い。しかも、たっぷりよく寝て起きた日ほど痛い。メシを食う頃には落ち着いてきて、散歩に出掛けて、一時間ほど歩くと痛さは押さえられる。身体が温まってくると良いらしい。
 これらのことから考えると、寝ている時に筋肉が休んで身体の骨がバラバラになっているらしい。そして体温も下がっている。朝起きると頭は筋肉を引き締めて、骨を繋ぎ直して、コントロールしようとするのだが、筋肉が弱っていて、しっかりと繋がらない。時間をかけて身体を動かして暖まってくると、どうにか通常運転の状態になるようだ。それまではもたもたして、重量のかかる足に痛みが走るのだ。
 身体を触ってみると左足の尻の筋肉が、落ちているのがよく判る。歩くだけでは筋力は付かないので、足腰の筋トレをしないといけないようだ。普通に暮らすだけでもいろいろ大変である。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック