暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
墓参り
2010年02月05日 (金) "
墓参り 2月5日は母の命日なので、早稲田のお墓にお参りに行った。信心深い訳ではないが、若い頃は谷川岳の頂上から灰を撒いてくれなどと言っていた親父が、年を取ってから急に近くの早稲田に墓を買って、赤ん坊で死んだ姉の骨を四国の親戚のお墓に取りに行って、自分の両親と一緒に祭る気になった。親父のその気持ちと、親父の月命日には欠かさず墓参りに行った母を思うと、やはり自分も墓参りには行かねばならぬ。なんとなく毎月、月の初め頃にはお参りを続けている。
 さて、基本的に、宗教というのは、死者を追悼するものでもなければ、死者をまつるものでもないのだそうである。家の仏壇も正面は題目の「お曼荼羅」をかけて、お位牌は脇に置いている。
 しかし、日本人は精神を救う哲学的な宗教は、やはりちと苦手で、森羅万象に神が宿り、死者もまた身近に何かのよすがを残していると感じたいようだ。日本の神道は宗教の形を作ってはいるが、世界的な大宗教とはやはり違う。古代のアニミズムの姿をのこしていると思う。今の神道は明治になって急に一元化されたが、それまではかなり多様なものであったようだ。
 宗教哲学は人類の知恵がつまっており興味深いのであるが、素朴な親族への墓参がその原点であり、ささやかな幸福を願うことが、宗教発生の第一義であることを忘れてはならないのであろう。(^^ゞ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
早稲田のお墓
愛情深く、あたたかいご家庭だったのですね。
実は私の錦糸町生まれの祖母のお墓は、同じく早稲田
にあります。
 確か、駅前の小さなお寺です。
駅を降りて、珈琲館があって、お寺のすぐそばの
八百屋さんでいつもお花を買っていたような・・。
ご存じかしら?
 こどもの頃お参りに行ったきりなもので。
南無阿弥陀仏じゃなくて、なんみょうほうれんげーきょー
と唱えていたかな??

これでわかったら、すごい!!
2010/02/26(金) 22:59:02 | URL | 梅まつり #-[ 編集]
お寺は沢山あるが・・・
 地下鉄早稲田で珈琲館の有る出口と言えば、東側、そのあたりで南無妙法蓮華経の日蓮宗と言えば、正法寺さんかな。横断歩道を渡った正面。珈琲館側の小さいお寺は日蓮さんじゃなかったと思ったな。わが家は西側の出口です。(^o^)
2010/02/27(土) 00:03:18 | URL | 瓢鯰亭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック