毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
ほったらかし温泉@山梨市
2010年03月26日 (金) "
 先週の温泉が良かったので、今週も温泉という訳で、中央線沿線にでかけることにした。高尾を8:46の小淵沢行き普通列車で出て、10:02に山梨市に着く、10:30発の一日2本しかない市営バスで笛吹川フルーツ公園終点まで7分100円、公園は市内を見下ろす高台の果樹園の丘の上にある、ここから更に歩いて1km15分、尾根の上のほったらかし温泉到着だ。

          ほったらかし温泉
 ここの魅力は、下界を見下ろす遮るもののない開放感。雲がなければ正面に富士の頂ものぞく。ここは露天風呂がメインで室内風呂もあるが露天に出てから入る。昔はほんとに小さなほったらかしの湯だったらしいのだが、この立地が話題を呼んでお客が増え、道も広がり広大な駐車場もできて、新しくて大きな浴場もとなりに追加されている。700円
山梨の果樹園 下り道は、山道を探して降りようと思っていたのだが、手入れがされていなくて、かなり荒れている上に、先日の強風のせいか、倒木が多く、昨日までの雨でぬかるみも酷い。(ToT)
 断念して、美しいフルーツ公園の中を下る。フルーツラインと呼ばれる広域農道を、下界を見下ろしながら横にトラバースして、途中から整備された果樹園の作業用小道を下る。金桜神社を過ぎて、平地に降りたところで、もう一つの目的地である岩下温泉に向かう。ここはこのあたりで一番古い開湯は1800年前といわれる自然湧出の温泉で、地名にもなった岩の下から湧いていた湯が、明治時代の旅館の下に残されている。少し離れた場所に登山クラブのチャーターした観光バスが停車していたので、悪い予感がしたが、案の定、平日なのに山行帰りの団体さんで小さい風呂場は順番待ち、断念して近所の正徳寺温泉に向かう。(^^ゞ こちらは鰻の養殖業者が井戸を掘ったら湧いたという昭和のお湯で、「初花」という日帰り湯になっている。600円
 昼は大したものを食べていないので、来歴にちなんで食事処で活き鰻の鰻重を予約して、風呂にはいる。
 36度の源泉掛け流しの湯は、褐色がかった肌がヌルっとするアルカリ性だ。他に普通の熱湯にした風呂があり、屋外には露天の庭園岩風呂、ドライサウナ小屋、ミストサウナ小屋、水風呂とサービスはなかなかだ。廊下には持ち帰り用の源泉もあった。
 帰りは最寄り駅の「春日居駅」まで、歩いて15分ほど。今日は桃の花はやっと開花したばかりだったが、4月半ばならば、花盛りの中を歩けるだろう。18:45の高尾行き普通列車で帰路につく、高尾着20:07であつた。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
山梨は桃源郷
温泉はよく知らないのですが、フルーツパークのある笛吹とか勝沼とか、桃ありぶどうあり実りの季節などまるで桃源郷のような印象があります。
私も現実逃避の桃源郷への旅したいなぁ~。春休みが欲しいものです(^ε^)♪
ところで「元気甲斐弁当」という駅弁はまだあるのかしら?私あの駅弁好きでした(^-^)
2010/04/01(木) 18:52:16 | URL | デコポン #-[ 編集]
元気甲斐弁当
 あれ、桃源郷と言うのは、春の花の時期のイメージじゃないのかな。食欲の秋のイメージとは(^o^)わははは・・・
 日帰り圏内ですから、春休みと言わず遠慮無く出かけて下さい。「元気甲斐弁当」もありますよ。でも小淵沢駅に昼頃買いに行くのはなかなか大変(^^ゞ。何度も品切れの憂き目を見ました。しかし、二十数年前の手間のかかる話題作りの弁当を、いまだに1300円で売っている弁当屋は本当に偉い。あの頃は高いと思ったが、今では超お買い得です。
 温泉も良いですよ。ほったらかし温泉は夜明け前から夜遅くまでやっていて、日の出や満天の星が楽しめる事で人気です。
2010/04/01(木) 21:32:31 | URL | 瓢鯰亭 #-[ 編集]
驚きの新人さん
えーっ、桃源郷って花なんですか?私のイメージでは果実がたわわに実っていて、近くを甘い味のする(またはお酒)川が流れているのです。「花よりだんご」あははは(^O^)
今年の新人さんのひとりは、多分瓢鯰亭さんもご存知の元水景施設営業のかわいい女性でした!東板の噴水池の試運転で私も合ったことありました。最近はキャリアのある新人さんが多いです。昨日初めての挨拶で「色々教えてください」と立場逆なことを言ってしまいました(^^ゞ
2010/04/02(金) 07:09:40 | URL | デコポン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック