暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
GPSの使い方
2010年06月08日 (火) | 編集 |
GPSとは、グローバル・ポジショニング・システム (GPS: Global Positioning System)のことである。日本語にすると、全地球測位システム、汎地球測位システムとも言う。地球上の現在位置を調べるための衛星測位システムの一種である。私が学生時代には、ロラン-C (Loran-C: Long Range Navigation C) システムが、日本にも広大な軍事基地として存在し、原子力潜水艦の航行には不可欠のシステムなどと言われていた。その後継にあたるのが、宇宙に浮かぶGPSだが、今ではカーナビゲーションを初めとして、測位系では非常に身近なシステムになった。
 携帯電話には、警察のお達しでGPSの標準装備化がはかられ、携帯で110番すると、警察の方から、かかってきた携帯のGPS情報を勝手に取り出すらしい。
 この春は売れ筋の人気カメラにGPSが搭載されたので、写真に地球上での位置情報も追加され、パソコンに写真データーを取り込むと地図上に写真が表示できるようになった。
 これで、何時何処で絞りはシャッター速度は等とメモしなければならないことは、全て機械がやってくれることになった。解らないのは「この写真は、いったい何を撮ろうとしたのか!」ということだけだ。(^o^)わははは・・・
 しかし、残念なのは、このGPSの記録が連続的に記録保存され、簡単に取り出せるシステムには、携帯もカメラもなっていない様だ。使ったときだけしか位置情報を残せないのだ。しかも測位には時間が必要だから、パパっと居合い抜きみたいな写真をとると、正確なデーターは入らない。
 やはり、専用のGPS記録装置(GPSロガー)を持ち歩かないと、GPS入りの機械を何台も持っていても、散歩のコースや旅行の行動記録は残せないらしい。しかし調べるとGPSロガーも見切り品なら五千円ほどになっているので、こちらを手に入れる方が、散歩の記録はもとより、写真に位置情報を入れるにも良いのかも知れない。
 それにしても、便利で価値のある物が、安く作れるようになったものだ。(^^ゞ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
無手順が理想的ですな
●最近は車載用アマチュア無線機までがGPSと連動し、カーナビ画面に近くの局がコールサインつきで蠢いて表示されたりもします。便利なようですがそれが何になる。情報のノイズでもあるでしょう。

●そういうのに比べれば、デジカメ搭載と記録付帯には期待があったのですが順調ではないようです。自前写真の管理に役立つからには、無手順で記録される内蔵型にこそ意味がある。まちづくり系のWSなどで被験者にカメラを渡し街に放つというような調査に有効と思うのですが、量産向きではないかもね。

●思うのですが、携帯電話に内蔵であれば、自位置を発信できるので、国内の山なら登山者には貸与してでも持たせたいですね。それも全員に。谷筋ではロガーに蓄積して尾根で発信するようにすれば、一人ひとりの軌跡と通過時間が麓で把握でき、万一の遭難でも救援出動の範囲をうんと絞れる。近くにいる力のあるパーティの応援も要請できる。救命だけでなく捜索経費を絞れる分で、貸与機材と基地局アンテナくらいまかなえるでしょう。

 こういうのを帰宅の遅いオヤジに持たせたりはしないで欲しいですが。

2010/06/11(金) 21:15:07 | URL | Maco #mQop/nM.[ 編集]
時代は進む(^o^)
◎それが、ソニーのデジカメはGPS内蔵で一番売れ筋になっているそうなんです。もっともハイビジョンの動画が撮れるのがその理由らしいです。
  http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100426/1031620/
◎アウトドア親父に持たせる携帯のサービスも始まっているようで、家を出たきり連絡の取れない鉄砲玉親父を家からチェックできます。いざというときには、24時間オペレーター対応で、位置確認と警察への要請もしてくれるそうな。(^o^)わははは・・・
  http://www.wham.jp/whats.html
2010/06/12(土) 00:33:39 | URL | 瓢鯰亭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック