朝市の楽しみ

旅行に行って楽しみなものに、その土地ならではの生活習慣の中に身を置くことがある。先日は青森へ旅行に行ったので、最終日は八戸の朝市に行ってみた。
全国に有名な朝市は多いが、八戸もまた日曜日に市内あちらこちらで大規模な朝市が開かれることで有名である。その中で、「陸奥湊駅前の朝市」は、日曜を除く毎日開かれている八戸朝市の元祖であり、行商のプロのための現役の朝市である。
漁港に上がった海産物を扱う小商店がフロアを区分けした市場を中心に、道路沿いの商店が朝3時から昼頃まで商売をしているが、コアな部分は7時までかも知れない。
 本八戸からは始発の5時台で行きたいところだが、さすがにきついので、7時台の2番列車で行くことにした。(^^ゞ
 この二番列車で行くと三陸リアス鉄道を通って、仙台まで南下でき、その日の内に東京へ帰れるので、乗り続けたいところであるが、今回は断念。(^o^)わははは・・・
朝市を見学した後、本日の朝食のため、食材を購入する。
朝市の食材ごはんと味噌汁を添えて

今がシーズンの生雲丹にマグロの中落ちとホタテの貝柱。定番の海鮮丼のネタである。
市場奥の食事スペースに陣取り、ご飯と味噌汁を購入する。お醤油はテーブルに備えられている。この旅行中は毎日生雲丹を食べているが、今日で食べ納め、
海鮮丼いただきます

ど~んと行っちゃいます。今朝むいたばかりの新鮮生雲丹は旨い。この三日間毎日ウニ丼を食べていたが、東京ではしばらく食えないな。
それに、しばらくは食事を控えないと。(V)。。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)