早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
ついに購入フイルムスキャナ
2010年07月23日 (金) | 編集 |
 昨年末にキャビンのフイルムスキャナーが欲しいと書いた。先日気が付いたらえらく安いそっくりさんが売られているのだ。(^^ゞ もともと中国産の機械であちらこちらにOEMしているものだと思っていたのだが、キャビン工業が販売を新型に切り替えたので、他社向きの製品が国内に入り込んできたようだ。値段は半値ほどなので飛びついてしまった。(^o^)わははは・・・

テストに取り込んだスライド写真 ネガスキャナbg7683という。 出たときは、もっと安かったらしいのだが、値上げして送料込み六千円らしい。(^^ゞ
 これで、昔の写真がデジタル時代に生き返る。この夏にも高性能版が出るらしいのだが、もともとフイルムやスライドも劣化しているので、スキャナーの性能がこれ以上良くてもあまり関係はないだろう。

 テストに取り込んだ中学一年になったぐらいの写真である。50年前の珍しいカラースライド写真である。色調補正もしてみたが、こんなものであろう。これ以上は人工着色の補正になるかも知れない。
 嬉しいのだが、またまた時間を取られる仕事が増えてしまう。(ToT)
    (V)。。(V) ふぉっふぉっふぉっ・・・

追記:その後アマゾンでの出品者が変わり、送料込みで一万円を超えてしまった。ならキャビンのほうがマシか。ただ良く比べてみると、この品はディスプレイがキャビンの現行品CFS-02と同じ2.4inchでテレビ信号出力が付いていると言うことが判った。キャビンの旧製品と全く同じ品ではなく。より新しい製造ロットのようだ。取扱説明書も「FilmScan35-Ⅱ-2.4-TV out」となっている。これを更に改良して、CFS-2.5の500万画素から900万画素に、解像度を1,400dpiから2,400dpiにそれぞれ向上させた新製品が、キャビンからこの夏にも出るという噂がある。7/26
関連記事

コメント
この記事へのコメント
昔やった実寸マクロでデュープという機械ですね
●これはまた、えれえ写真をショット(「スキャン」じゃないでしょう)したもんですな。いくらなんでも小学生だろう、と思ったが、夏服だし、Zeke52は、3ヶ月で組んだとも思えない。何よりも、プラモデルがあるから写真を撮ったというのではく、リバーサルで撮れるから、宝物を持ってこさせた、という匂いがする。昔の子どもは子どもらしかったということか。
●先日さる事情で、ネガ36exをフラットベッドスキャナでデジタル化したですが、ソースの差替え以外は自動で取り込むものの、とんでもなく時間がかかりました。得られたファイルは、なかなかのものでしたが、これでは勝負にならん、と、ネガを捨てないことを前提に簡易なデジタル化手段が必要と思うに至りました。
●並行OEM品の話題は、価格.comでも話題になっていましたが、上昇下降がありそうですな。所詮デジタルデュープであるならば、画素数は多いほど良いというものでもないでしょうが、35mm版上でのdpiレベルはやはり大事に見える。キャビンの噂を少し待ってみましょうか。

2010/07/30(金) 21:28:58 | URL | Maco #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック