早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
記憶力の減退について
2010年11月10日 (水) | 編集 |
瓢鯰亭健康相談

質問)32歳の独身女性です。
 最近、言い間違いをすることがすごく増えています。
本当に日常的に使う単語、特に物の名称を間違えます。
例えば、ティッシュを「手紙」だったり、リモコンを「ラジオ」など、なんとなく関連はあるけど別の単語を口にしています。間違えたことにはすぐに気が付き、訂正しますが、よく考えて言葉を発しないときに、頻繁に起こります。また、「すぐに物の名称が出てこない」や、「人の名前を思い出せない」などもしょっちゅうあります。
最近その症状がひどくなっていて、脳のどこかに欠陥があるのかもと思っています。
もちろん年齢を重ねるごとに多少の物忘れ等はでてくると思いますが、どこかに病的な原因があるのであれば、将来のことも踏まえて、それを知り、対処しておいた方がよいと思うのです。
原因がどういったことにあるのかその理由が知りたいです。
簡単に原因を検査してくれるような病院等はあるのでしょうか?

回答)言い間違いは何故起こるか。それは貴方がおっしやっているとおりです。「よく考えて言葉を発しないときに、頻繁に起こります。」(^o^)わははは・・・
 思い出そうとしたとき、それが出てこないと、似たような手近なものを口に出してしまうのです。
 記憶回路という物は、見た物全てが自動的に記憶されるのではないのです。印象に残った物を、睡眠によって、短期記憶から長期記憶に整理して保存し、更に何度か思い出す訓練をして、索引を完成させているのです。
 頭に入れる物が多すぎて、記憶の回路を完成させる作業をさぼっていると、頻繁に言い間違えが起こります。(^o^)わははは・・・
 睡眠時間を充分取り思い出して口にする訓練が、必要なのです。わざわざ憶えなくても大丈夫と思っていると、いいまちがえます。
 つまり脳の問題ではなく、貴方の「記憶の仕方」が現在は「粗忽」に傾いているのだと思います。

 しかし、生産された「言い間つがい」は、貴重です。正しいギャグの種です。しっかりメモを取りましょう。
 そして、ここに投稿してください。人気のコンテンツです。
 
 「言い間つがい」は、非常に人間的な行為で、ファジーでアバウト、そして思わず本音ものぞく行動です。心配せず、おおいに楽しんでください。(^o^)わははは・・・

お礼)回答ありがとうございます。睡眠による整理と、それを思い出して口にする訓練。
確かに無意識にできることに頼りすぎていたのかもしれません。もうちょっと意識的にそれらをやってみます。

それと、言いまつがいを笑えるくらいの「心のゆとり」も用意しときます。
今のはあんまりおもしろくないので、もうちょっとおもろい間つがいをしたいな、くらいに。

蛇足)いやはや回答者の記憶力こそ、実は散々なのであります。それで今年は訓練として毎日日記を付けています。毎日何度か、今日は何を食べた何をしたと、どうでも良いことを記録していますが、これがなかなか大変です。頭が「鶏頭」になっているので、三歩歩くともう前やっていた事を忘れているのです。どうも短期記憶のメモリー容量が小さくなって、オーバー分はそのまま消失しているらしい。(V)。y。(V) フォッフォッフォッ・・・
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック