早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
福島第1原発事故のゆくえ 
2011年03月15日 (火) | 編集 |
 福島第1原発の事故は私の考えた最悪の方向に着実に進んでいる。前回の記事では1号機が問題だったのだが、どうやら、稼働中だった1~3号機まで、全てが粗大ゴミになるようだ。(V)。y。(V) フォッフォッフォッ・・・
 担当者は必死の努力をしているが、あまりにも条件が悪すぎる。あらゆるバックアップが地震のために崩壊しているようだ。

 現在、容器内の圧力が再び高まって、燃料棒が冷却用の水から露出してしまっているらしい。(ToT)
 このままでは、燃料棒が溶けてしまう。
 しかし、チャイナ・シンドロームというような、炉心溶解=メルトダウンは、日本では起こらないのではないかと思っている。私は素人で自信も根拠もないが、なるほどという「フェイルセーフの仕掛け」があるものと信じたい。
 原子力推進派の研究者といえども、原子力の恐ろしさはよく知っているし、人間のミスは前提にしていると思うのだ。
 今回の事故は、海外のような人為的な事故ではなく、自然災害が原因で、それに対するシステムは正常に作動しているように思う。残念ながらあまりにも条件が悪いので、つぎつぎ関門が突破されているが、それもありうる条件下の事故なのだ。こうなると設計時点での「人間が手を出さなくても鎮火されるシステム」が仕組まれている事に期待することになるだろう。
 はたして、こういうシステムが存在するのか、有効に働くのかどうか。最悪の実験が始まるのかも知れない。

 マスコミの解説は、今起こっていることを解説をしてくれるが、最終的にはどういう事が考えられるのかと言うことには、全く触れないようで、無責任な流言飛語も困るが、問題の範囲を科学的に説明してくれないと、これまた不安を煽ることになると思うのだが・・・。
 まあ、運を天に任せて、今日はテレビを切って、もう寝ましょう。(^^ゞ
 明日、目が覚めますように。 な~無(-人-)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック