毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
私に最適なメモ帳発見
2011年03月26日 (土) "
 この数年自分の生活をなるべく記録しようと思って、メモ帳を模索していた。
 常時持ち歩いて、随時記入しないと、記憶が蒸発してしまうので、もっぱら文庫本サイズかそれ以下のポケットに入る手帳に書き付けてきたのだが、有る程度長期に記録し保存することを前提にすると、やはり大きく重くなるし、記入をためらう事もある。(^^ゞ
 そこで、後で正式に記録・保存することにして、当面の一次収集にはもっと小型軽量の使い捨てのメモ帳が欲しかったのだが、手にしっくり馴染んで記録性能も高いものというと良いものがなかった。

A6変形版のメモ帳は手に馴染む しかし、ついに先日百円ショップ(大創)で、自分の求めていたものを発見した。
 これが、そのメモ帳である。
 (^o^)わははは・・・
 文庫本の縦半分のサイズの縦開きダブルリングノートである。幅は54mmしかないので、非常に携帯性がよい。表紙は分厚いボール紙で手に持って記入するときも安定性がよい。罫線幅は8mmでラフな速記に向いている。
 百均物なので、紙質は悪いしリングはヘナヘナ、品質は情けないものだが、これが逆に惜しげが無くて良い感じなのだ。しかし、できればもっと質の良い物が欲しい。(^^ゞ

開くと長いメモ帳 このサイズは、よく使われて評価の高いブロックロディアNo.11(写真の左下斜めの白い紙)の半分のサイズのNo.10を縦二倍にしたサイズだが、見開きにすると4倍になるので、意外と一覧性も高い。ズルズルとデーターを記入しても、かなり記入ができる。
 この状態ではA4サイズの紙を縦に四つ折りしたサイズ30cm×5.4cmになっているのだ。
 ここしばらく、使ってみているが、実に満足である。
 しかし、何処のメーカーとも判らぬ品なので、いつ店頭から無くなってしまうか判らない。なんとか定番商品にしてもらいたいものだが、気に入ってるのは私だけなのだろうか。(^o^)わははは・・・
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック