毎日雨ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
りんごジュースの効能
2011年06月13日 (月) "
瓢鯰亭健康相談

質問)りんごは胃もたれに効くと聞いたのですが、100%のりんごジュースでも同じでしょうか

回答) 昔から、病気で胃が弱っているときには、すりおろしのりんごが良いと言われ、私もこどもの頃お世話になりました。(^^ゞ
 りんごは赤ちゃんの離乳食にも使われますね。
 また、石原結實医師などのダイエット法・健康法などでもニンジンとりんごのジュースが主役として使われています。これらは、なぜ、胃に良いと言われているのでしょうか。
 それは、酵素の働きがあるからです。

 酵素は食物を分解してくれる触媒のようなもので、食物を栄養として人間の身体に取り入れるためには不可欠なものです。
 炭水化物分解酵素としてアミラーゼ、タンパク質分解酵素としてプロテアーゼ、脂肪分解酵素としてリパーゼが代表的なものでしょう。
 この酵素をたっぷり含む食品として、日本では大根おろし、西洋ではりんごジュースが尊ばれてきたのです。
 大根おろしやりんごおろしはあっという間に変質し食味も失われますが、これこそ酵素が生き生きしており、強力に働いているからと言えます。

 酵素は、唾液・胃液・膵液・腸液などに含まれており、人間の体内で作られますが、もともとあらゆる食品の中に含まれており、生で食べれば酵素は十分取れるはずです。しかし、人間は食べ物を腐らせないため保存加工し、さらに加熱調理するので、この過程で食物の酵素はほとんど失われてしまいます。
 特に肉食で、あらゆるものを加熱して食べる西洋では、身体が持っている酵素の働きが弱い人は消化力が弱く病弱になるため、昔から「生食での菜食主義」の健康療法が盛んで、医学的にも研究が蓄積されており、りんごジュースはそのスター的な地位にあります。

 さて、市販のりんごジュースですが、これらは保存のために加熱殺菌等の工程を経ています。濃縮果汁還元などというものは、生産地で濃縮・殺菌してタンクに長期保存し、タンクローリーなどで運搬したものを、工場の水で薄めたものです。栄養素の成分率として100%になっているだけで、生の絞りたてとは全く違います。
 例えば、大根おろしを鍋で煮詰めてしまったら、サンマに添えても、もとの大根おろしの効果は在りません。(^o^)わははは・・・

 というわけで、胃もたれに効くという伝統的医療の効果は市販のジュースには期待しない方がよいでしょう。
 もちろん単なる栄養のある食品として、りんごジュースを飲むのは健康に良いです。

 海外で言う、「一日1個のりんごは医者を遠ざける。」「りんごが赤くなると医者が青くなる。」ということわざは、あくまでも生でりんごを食べる場合と考えましよう。

お礼)参考になりました。
非常に丁寧な回答を、ありがとうございます(^o^)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック