早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
我が家の厄日
2011年07月13日 (水) | 編集 |
 今日は7月13日であった。東京では盆の期間の入りで、迎え火を焚いて、死者を迎え入れる日である。そして、この日は我が家にとって厄日なのである。
 おばあちゃんの遺言で、何事もないことを第一に生活すべき日となっている。(^o^)わははは・・・

 というのは、私の親父がこどもの時に、この日に熱を出してうなされ、ようやく目を覚ましたときに、二人の人が迎えに来たと言ったのである。
 この二人というのが、既に亡くなった、共にこの日が命日の家人で、おばあちゃんはそれを聞いて震え上がってしまった。
 そう言う訳で、この日はお出かけはダメ、海や山などはとんでもないと言うことになったのである。
 そうなると、気にはなる物で、おばあちゃんが亡くなった後も、笑い飛ばしながらも、ゲンは担ぐと言うことになった。ゲンを担ぐというのも面白いもので、あれこれ普段心配しないことにも心配りをすると、怠惰な日常性を見直すきっかけになる。

 迷信に縛られてはいけないが、いろいろな可能性に配慮しないというのもまた間違いなのである。たまには余計な心配もして、つつがなく一日を過ごすのも悪くない。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック