心配事に関する瓢鯰亭の法則

 昨日も地震があった。23時58分 震源は駿河湾 マグニチュード6.1であった。今度は駿河湾だ。ブログに東海大地震の話を書いたばかりだったので、ちょっとビビった。(^^ゞ

 我々の期待する事というのは、滅多に実現しないのだが、心配事というのは、結構実現してしまうことに貴方は気付いているだろうか。(^o^)わははは・・・
 我々の予測することで、良いことは当たらないが、悪いことは良く当たる。これを「瓢鯰亭の第一法則」という。なぜ心配は良く当たるのか。それは根拠があるからである。
 願い事というのは、単なる願望であって、根拠がない。期待して宝くじを買っても当たる根拠はないのだ。しかし、心配事は良く当たる。悪いことには根拠があるのだ。いつも遅れてくる人は、心配通り遅れて来るし、オッチョコチョイは例によってお皿を割る。(^o^)わははは・・・
 だから、我々の想像力のうち、悪い方には確率論的な裏付けがある。

 そして、心配事は自己増殖する。これを「瓢鯰亭の第二法則」という。
 心配をすると、その延長線上には、次の心配事が発見できる。さらにその先にまた別の心配事も発見できる。そのうちその延長線上には再び最初の心配事が現れる。このようにして、心配事は自己増殖して、ネットワークを構成して、我々をがんじがらめにしてしまう。 そして第一法則に従って、不幸が続くのだ。

 つまり、心配事は起きてから考えた方がよいらしい。簡単に避けられる心配事は考えた方がよいかも知れないが、一度頭をひねって解決できない心配事は、考えるだけ不幸を呼び込んでしまうのだ。
 この連鎖を避ける方法は、問題を「心配事その1」として、手帳に書いて忘れてしまうのが、良いらしい。頭の中に残しておいては、健康に悪いのだ。
 手帳は忘れないために書くのではない。忘れてしまうために書くのである。心配事を心配するときには手帳を見れば書いてあるのだから、今心配する必要はないのだ。(^o^)わははは・・・

 こうして、心配事を書いておくと、時間が経てば大体のことは、無事終わってしまう。心配するだけ損なのだ。
 メモをするもう一つの効用は、心配事を思いついても、手帳を見るともう書いてあるのである。無限に生じるように思われる心配事も、メモにしてみて脳内ネットワークをほぐしてみると、心配するほど多くはない。
 鬱病なんかになると、心配事だらけになるのだが、実際には本人の抱えている心配事は多くなく、ほとんどが本人の努力ではできないこと、考えても無駄なことなのである。

 そこで「瓢鯰亭の第三法則」である。
 私の心配事は起こってしまえば、それがどんな不幸でも、世の中の何処でも起きていることである。私にだけ起きる不幸ではないし、私だけが避けられる訳でもない。心配ない。(^o^)わははは・・・
 関連事項タグ:#記憶力
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)