早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
肩胛骨の謎 1 
2011年08月21日 (日) | 編集 |
 肩胛骨は不思議な骨である。首こりを気にしていると、まず動かす必要があるのが肩胛骨であるが、知れば知るほど面白い。(^o^)わははは・・・

 まず、第一に全身からは浮いた構造になっているのが面白い。
 全身骨格というのは、関節によって強固に結びついているのだと思っていたのだが、肩胛骨というのは関節で身体に繋がっていない。いや正確に言えば、鎖骨一本で肩から腕・手が繋がっている。しかしこの鎖骨というのは、木に登る動物が肩が上に外れないように持っているもので、犬や馬などには無いそうだ。
 肩胛骨は肋骨の外側に筋肉によって取り付けられ支えられてているのである。伸び縮みする筋肉だからその取り付け位置は自在に動かすことができる。カッパではないが手は肩から伸びるのである。
 そして、運動不足で肩胛骨を動かさないと、固まって肩こりになる。錆びついた蒸気機関のようになるのである。(^^ゞ

 調べてみたら肩胛骨の動きと使われる筋肉の解説があったので、紹介しておこう。

 アニメで学べる筋トレ講座

 水泳の北島康介などは、肩胛骨が大きく動くので、背中から飛び出して天使の羽のように見えるそうである。肩胛骨までが水を掻くように見えるらしい。(^o^)わははは・・・ 
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック