暑くなってきましたね。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
昼はおろしぶっかけうどん
2011年08月28日 (日) | 編集 |
 今日の昼はうどんである。高円寺の業務スーパーで格安の生うどんを買ってきたので、これを茹でる。
 食い物というのは、自分が旨いと思うところだけが重要である。うどん一つにとっても、人によって旨いと思う要素が違う、味わい処が違うのだから、自分で納得して作るのが一番である。
 私の場合、茹でたてのプリプリ感とのどごしだから、専門店以外では自分で生うどんを茹でるしかない。今日は昨日野菜の素揚げをして、めんつゆにつけて常備菜を作ってあるので、これを載せてその汁をかけるだけである。
 夏大根のピリ辛を薬味にして、ししゃもの焼いて常備菜にしてあるものを尾頭付きで添える。
冷やしオロシぶっかけうどん 揚げ野菜を漬け込んだつゆは、甘みと旨味がでていて、最高である。夏大根の辛さも強烈である。大根もカラシと同じアブラナ科であり、その辛み成分はわさびと同じであるらしい。辛み成分はアリルイソチオシアネート(芥子油)というが、これは大根の中には無い。大根を摺りおろすことによりその場で生成され、暫くすると変化し消滅してしまう。すり下ろして5分後ぐらいが一番辛いらしい。そして、このビリ辛の汁を煮てしまうと、とても甘くなってしまう。なんとも不思議な成分である。
 一気に食べてしまうと、口が油っぽい。後味が悪いのとうどんが旨かったので、もう一杯、これは関西風の塩味の立つ白ダシに大根おろしと海苔をかけただけの「素のおろしうどん」を作って、食べてしまった。(^^ゞ
 実は一玉五十円で200gあり、これで二人分が茹で上がるのである。今日も食べ過ぎてしまった。失敗失敗。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック