肩胛骨の謎 3

 さて、肩こりの対策というわけだが、
 「母さんお肩をたたきましょ。タントンタントンタントントン。♪~」
 というのは、僧帽筋の上端をたたいているわけである。ここには首から手へ向かう神経の束も通っていて、肩こりのツボというのもここにある。また、肩の痛みを引き起こすトリガーポイントと言われるものも、出来やすいところである。
 僧帽筋というのは、上下には後頭部の頭蓋骨の下端と腰椎を結んでおり、左右は両肩を繋いでいる。つまり菱形に背中全体を覆う大きな筋肉だ。前屈みになって、両手を使う作業では、緊張し続けるので、もっともこりやすいと言っても良いだろう。
 以前は、散髪屋などでは、軽く肩を揉んでくれて、背中全体をたたいて、仕上げてくれたものである。これは大変気持ちが良かったが、一時的な感覚であった。サービスなんだから仕方がないが、僧帽筋だけでは肩こりは取れない。肩を動かす筋肉というのは、この僧帽筋の下にあって、素人では簡単に手が届かないようだ。(^^ゞ

 このシリーズで、第一回に紹介した アニメで学べる筋トレ講座 を見ていただいただろうか。

 この図は肩を動かす筋肉の動きがよく判る。
 肩を持ち上げるのはその名も肩甲挙筋である。これは肩胛骨を頸椎に繋いでいる。肩胛骨を背中に寄せるのは菱形筋だ。これは肩胛骨を脊椎に繋いでいる。肩胛骨を開き前に寄せるのは前鋸筋で、胸の脇から肋骨に繋がっている。肩を下げるのは小胸筋だ。これも肩の上から肋骨に繋がっている。
 これらの筋肉をほぐすためには、両腕の肩回しなどの運動とストレッチが効果がある。
 動画を一つ貼り付けておこう。音がうるさいので注意である。


 これらの肩周りの筋肉を、意識的に動かし血行を良くすることで、肩がほぐれ自由に動き始めると、肩こりはかなり改善できると思う。

 残るは、首である。首はほぐすのも、鍛えるのも難しい。(^^ゞ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

☆彡
space
タグbyひょうねんてい
 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#手帳 #デジタルライフ #読書 #温泉 #珈琲 #糖質制限 #写真 #記憶力 #ライフログ #カレー #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
新しいコメントを読む
最新記事の一覧
全記事目次

全ての記事の表題を表示する


使用画像を一覧する 2012/04~
カテゴリ別表示
管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計
ブログ内記事の検索
ひょうねんてい掲示板
たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★
飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)