早くも秋深し。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
サボテンご自由にお持ちください 
2011年11月18日 (金) | 編集 |
お持ちくださいのサボテン 我が家のサボテン鬼面角が大きくなりすぎて、秋には一部がねじれたのであろう、落下してきた。(^o^)わははは・・・それで、短く刻んで、他にも若い新芽などをもぎ取って、ご自由にお持ちくださいと張り紙をして、20本ほどずらりと表に並べておいた。トゲが痛いので、くるむ新聞紙やガムテープやレジ袋などもサービスして出しておいた。
 数日で、若くて白緑色の30cm程度の小さめの新芽からどんどん無くなって、最後には70cmぐらいの長くて太くて古いのが残った。これでは大きすぎるのかと、さらに半分に切ったら、短めの物が売れていって、写真の左の40cm程の物が残った。これはその後も持っていく人がいなくて、半月たった現在も残っている。
 このぐらいの物のほうが来年花も咲くし、丈夫なのだが、やはり先ずは見栄えと簡便さで売れ筋は決まってしまう。適切な解説が有れば、流れは変わるのだが・・・というのは、何事につけても同じだ。

 先日、立川の駅に行ったら、子猫を引き取ってくれる人を探しているといって、ケージに猫を何匹も入れて、座っている人を見た。なかなか可愛かったが、もう暫くすると成猫になってしまうので、はやいとこ飼い主を見つけてやらないと、その後は大変だ。(^o^)わははは・・・
 特に、日本人は「可愛い嗜好」が強く、外国に比べて成犬成猫の飼い主を捜すのが困難らしい。好みというのも大切だが、傾向が強いと「捨てペット」の増加など社会的には問題になることもあるのだ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック