瓢鯰亭日乗

一気に暑くなりましたね。 のらりくらりの毎日ですが、元気にがんばっております。

Entries

うな丼 味治@中野

 11月中旬なんとなく鰻が食べたくなった。考えてみればここ数年、まともな鰻を食べていない。(^^ゞ
 食べているのはスーパーの値引き品ばかりである。たまには店で食べるかと思ったので、まずは中野近辺なら此処と、駅北口の味治(みはる)にでかけた。
 味治のうな丼
 中野には、川二郎という鰻の名店があるのだが、これは鰻の各部位を串焼きにして出す名物的飲み屋さんである。漫画「美味しんぼ」でも紹介された店だが、私は普段は酒を飲まないし、夜混雑している飲み屋さんに一人で入って、うな丼を食べるのはいささか気が引ける。(^^ゞ
 しかし、この漫画に登場している当時の店主が、店を後進に譲って、自分は普通の鰻屋さんをはじめた。それが味治である。したがってここなら昼も開店していて、うな丼が食べられるし、味も保証付きだ。
 注文すると、鰻を蒸し器で蒸して、炭火で焼いて、どんぶり飯に載せて出してくれる。お新香の小皿と、吸い物が付いて、1000円である。このお値段だから贅沢な物ではないが、鰻は身も厚くほかほかとろとろである。甘すぎないタレがかるくかかっているが、タレが鰻の味を邪魔することはない。口に含むと実に幸せである。
 困るのは、鰻が旨いので、ついつい鰻だけ食べてしまうことだ。(^o^)わははは・・・
 どんぶり飯というのは、ご飯を掻き込むのが目的で、私の場合たいてい具よりご飯が先に無くなるような食べ方をするのだが、この店の場合、鰻を味わってしまって、つい鰻だけ食べてしまう。あとは残ったタレ飯を後悔しながら食べることになってしまった。(^^ゞ
 そして、このごはんもしっかりしていて、食べ応えがあるのだ。

 うーん、蒲焼きでお酒を飲みながら食べたい。
 珍しくそう思ってしまった。(^o^)わははは・・・
関連記事

*Comment

味治@中野 

市販品を普段食べているので、驚きの美味しさでした。
川二郎はいつも混んでいるので、未食です(涙)。
  • posted by 東京ブウブウKING 
  • URL 
  • 2012.04/15 04:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

space

タグbyひょうねんてい

 カテゴリーを超えて関連事項を検索するために、タグを設けました。クリックしてお楽しみください。

#読書 #手帳 #温泉 #糖質制限 #デジタルライフ #カレー #珈琲 #宗教 #民家カフェ #写真 #記憶力 #ライフログ #ナポリタン #ボールペン 

記事のカレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事の一覧

管理者のプロフィール

瓢鯰亭

Author:瓢鯰亭
ちょっと疲れちまったので、おもいきってあこがれの隠居生活をはじめました。持続できる老後を目指してがんばります。みなさんよろしく。

来訪者数計

ブログ内記事の検索

ひょうねんてい掲示板

たまには、映画など如何でしょう。(^o^)
★名画座二本立て興行館★

飯田橋ギンレイホール(1000)
目黒シネマ(900)
早稲田松竹(900)
池袋新文芸坐(1050)
( )内は通常のシルバー料金(60歳以上)

★インターネットラジオ局★
・ディナージャズ・ラジオ
・中高生の頃のフォーク(jango)

by ひょうねんてい にちじょう