早くも秋ですねぇ。 のらりくらりの毎日ですが元気にがんばっております。(^^ゞ
稼がない人も長財布を使う
2012年01月09日 (月) | 編集 |
 この年末から、財布を長財布に変えた。いや、けして高級品を使うようになったわけではない。
 これまでは、100円ショップの二つ折り財布を愛用していたし、以前から財布には高級品を使ったことがない。そしてズボンの尻ポケットが定位置だから、軽くて小さいものが好みである。不安定にポケットからはみ出す分厚い長財布なんか全く興味がなかった。(^o^)わははは・・・

 では、なぜ長財布を使うことにしたのかと言えば、年収が減って、金の管理をキチンとしようと思ったからである。
 財布の中に今いくら入っているのか、それを把握するには長財布が使いやすいのだ。小銭も同じ財布にまとめられるし、レシートや領収書の管理にも良い。必要が有れば小さなノートや5×3サイズのカードも入るし、商品券や通帳も入る。つまり金に関する全ての資料が長財布には整然と入れられる。
 月初めに一定の金額を財布に入れて、出入をしっかりと管理するように考えると、長財布が適していると思えてきたというわけだ。

 ところで、一昨年「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか」という本が出ているが、「長財布を使えば稼ぐ人」になれる訳ではない。
   (V)。y。(V) フォッフォッフォッ・・・
 しかし、お金を丁寧に扱う人は、長財布で大事に扱うというパターンはありそうだ。(^^ゞ

 目下の問題は財布の収納箇所だが、冬の間は、上着を着ているので、問題はないが、夏にはバッグ等を考えなければなるまい。当然ながら財布は人の目にさらすものではないと思っている。若い男の子のように尻のポケットからはみ出させていたり、女の子のように手に持ってウロウロするものでないのだ。
 長財布のサイズは、長手がB6で幅はA6弱なので、ほぼ新書版のサイズである。実は手帳も今年はこのサイズにした。セットで収納は考えることになる。今年は色々な物をこのサイズを基準に統一するつもりになっているのだ。(^^ゞ
 いやいや正直に言うと、ポケットサイズで使ってきた手帳と財布をすっきりと一つにまとめられないかと思ったのが、今回の改革の原因かもしれない。結局両方とも大きくなってしまったのだ。(^o^)わははは・・・
 長年、B4縦が入るディパックがお出かけの友だったが、今年はA5横サイズくらいの使い勝手の良いショルダーバックを小物入れで使う事になるのかもしれない。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック